禿げたくない人必見!早めに努力しておくべき4つの育毛対策!

禿げたくない

禿げたくない人必見!

ということで今回は禿げたくない人が早めにしておくべき育毛対策についてまとめてみました。

現在、頭皮環境が正常な人でも前触れなくいきなり抜け毛がやってくるものでもあります。

育毛男子
特に頭頂部は気づきにくい

禿げの理由は1つではありませんが、気がつくともう手遅れっていうケースも少なくありません。

そうならないために早めにできる代表的な育毛対策を紹介します!

>>最新のおすすめ育毛剤ランキング<<

育毛対策が早めが良い理由

「もしかして、ヤバい?」と感じたら、即育毛対策を始めるべきです。

いえ、本当は気づく前に始めたほうが良いでしょう。

というのは、髪は永遠に生えてくる訳ではないからです。

ヘアサイクルという言葉をよく耳にすると思いますが、これは髪が生まれて抜けていくまでの周期のことをいいます。

ヘアサイクル01

「成長期」に髪が成長し

「退行期」に髪の成長が止まり

「休止期」に毛母細胞の分裂がストップして完全休止状態となります。

こういったヘアサイクル正常に繰り返されている間は髪が生えない時期があっても問題はありませんが、乱れが起きてしまうと新しい髪が生えてこなくなり、薄毛に繋がっていきます。

ヘアサイクル02

男性の場合、1本の髪の寿命は2~5年といわれています。

しかし、一生この寿命が繰り返される訳ではなく、髪を作る毛母細胞自体の寿命があります。

1つの毛母細胞が一生のうちに髪を作る回数は、15回とも40~50回ともいわれはっきりしていません。

しかし、AGAや頭皮環境の悪化によって髪の寿命が0.5~1年に縮まると、40~50回としても早ければ発症後20年でハゲてしまう計算になります。

特にAGAの場合、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減少すると発症しやすくなりますが、テストステロンは20歳前後がピーク。

とすると、早い人なら40歳前後でハゲてしまうことになります。

さらに、難治疾患研究所の西村栄美教授によると、脱毛の原因となるのは毛母細胞を製造する「毛包幹細胞」の枯渇によるものであることがわかったそうです。

枯渇する原因は加齢によるDNA損傷や生活習慣、食生活、ストレスなどによるものと考えられ、毛包幹細胞は再生することがありません。

これらのことから、少しでも早く正しい育毛対策を取ることが、脱毛を防ぐことにつながるということですね。

禿げたくない人必見!早めの4つに育毛対策

最近抜け毛が増えたかな…と感じたら、すぐに育毛対策を取りましょう。

ありがたいことに近年男性の薄毛やハゲは非常に研究が進み、正しい対策を取れば薄毛の予防・改善効果が期待できることがわかってきました。

ここでは、代表的な育毛対策について解説します。

生活習慣の改善で育毛対策

最初に取るべき育毛対策は、生活習慣の見直しです。

「親父がハゲてるから、何をやっても無理」と考えているなら、それは間違いです。

遺伝子がほぼ完全に同じとされる一卵性双生児でも髪の抜け方に差が出ることを、2011年に城西クリニックの小山太郎医師がヨーロッパ毛髪研究学会で発表しました。

それによると、AGAを発症した一卵性双生児11組を観察したところ、初診時ですでに5組に差があり、治療1年後にそのうち4組の毛量にはっきり差が出たというのです。

この差は食生活、喫煙、運動などの生活習慣から出ていると考えられるため、その点を中心に改善しましょう。

・食生活
髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。

ケラチンは18種類のアミノ酸からできており、食事で摂取したタンパク質がアミノ酸に分解され、再合成されたもの。

これらのアミノ酸は肉や魚、乳製品、大豆製品などをしっかり摂取していれば充分に得ることができます。

しかし、タンパク質からアミノ酸に、さらにケラチンタンパク質に変化させる時には、亜鉛やビタミンB群、ビタミンCなどが必要です。

いくらタンパク質を摂取しても、ビタミンやミネラルが不足していると健康な髪は育ちませんので。

特に亜鉛は育毛に不可欠といわれていますが、牡蠣やレバーなどに多く含まれ、日常的に必要量を摂取するのは簡単ではありません。

さらに亜鉛はストレスで消費されることがわかっており、常にストレスにさらされている現代人は亜鉛不足になりやすいのです。

その上、亜鉛は汗で排出されてしまうため、汗っかきの男性ほど亜鉛不足になり、ハゲやすくなるのです。

これを防ぐには、タンパク質だけでなく野菜や海藻類などもしっかり食べ、さらに亜鉛など不足しがちな成分はサプリメントなどで摂取することが大切ですね。

なお、アルコールはビタミンB群や亜鉛を大量に消費してしまうため、お酒好きな人ほどハゲる危険性が増えることも覚えておきましょう。

・喫煙
喫煙がハゲの誘因とされるのは、一酸化炭素の影響が大きいと考えられます。

一酸化炭素は血中のヘモグロビンと非常に結合しやすく、本来ヘモグロビンと結合して全身を巡るはずの酸素が結びつけなくなってしまいます。

すると全身が酸欠状態になり、頭皮細胞の機能が低下して髪を作ることができなくなってしまうのです。

さらにニコチンには血管を収縮させる働きがあるため、頭部に血液が回らなくなってやはり頭皮細胞が栄養不足になります。

タバコが発毛のメカニズムを狂わせるという明確なデータはないものの、酸欠や血流阻害によってリスクが高まることは間違いありません。

できるだけ控えるようにしましょう。

・運動
運動をして筋肉が増強されると、男性ホルモンのテストステロンが増えることがわかっています。

有酸素運動と筋トレ両方を行なうのが効果的といわれており、特に下半身を使うジョギングやランニング、テニス、スクワットなどが良いといわれています。

逆に肥満になるとプロラクチンというホルモンが作られ、テストステロンが減ってしまうのでAGAを発症しやすくなります。

階段を昇り降りする、一駅分歩くなど、できることから始めましょう。

育毛剤で対策

ハゲの予防には、育毛剤も効果的です。

育毛剤は医薬部外品で、有効と認められた成分が配合されています。

たとえば、センブリエキスは血行促進、グリチルリチン酸には抗炎症作用、ジフェンヒドラミンHCには血行促進と抗炎症作用があります。

「発毛剤」ではないため発毛を直接促す成分はないものの、頭皮環境を整えて毛母細胞に活力を与えてくれるのです。

>>効果的なおすすめ育毛剤をチェック<<

育毛シャンプー・頭皮マッサージで対策

育毛シャンプーには、育毛や発毛効果はありません。

しかし、頭皮環境を整える作用はあります。

男性はホルモンの関係で頭皮の皮脂分泌が盛んなため、皮脂をエサにする雑菌が繁殖しやすく、それが毛穴に入り込むと頭皮細胞が炎症を起こしてしまいます。

また、男性は女性に比べて水分を保持する作用が弱いといわれ、皮脂過剰でも水分不足を起こしていることが多いもの。

頭皮が乾燥すると皮膚が硬くなり、毛細血管を圧迫して血流を悪くしてしまうため、薄毛になりやすくなるのです。

育毛シャンプーには皮脂分泌抑制、抗炎症、保湿作用のある成分が含まれているので、育毛に適した頭皮環境に改善できます。

さらに清潔な頭皮で浸透力がアップしているので、育毛剤を塗布すると効果が出やすくなりますから。

また、頭皮マッサージも非常に効果的。

おでこと頭皮の硬さを比べて頭皮のほうが硬ければ、すでにハゲ予備軍です。

頭皮表面から数ミリのところにある毛細血管が潰されて、血行が悪くなっているのです。

毎日数回、1回3分程度で良いので、頭皮マッサージを行ないましょう。

頭皮を無理に動かす必要はなく、頭頂部や前頭部を中心に、指の腹で小さな円を描いたり、軽く上に持ち上げたりするだけで効果があります。

>>効果的なおすすめの育毛シャンプーをチェック<<

育毛サプリで対策

外側からのケアは非常に大切ですが、頭皮環境を根本的に改善するには内側からのサポートも不可欠です。

男性用育毛サプリには、AGAに効果的といわれるノコギリヤシや亜鉛、毛母細胞を活性化するフィーバーフュー、女性ホルモンに似た作用で男性ホルモンの分泌を抑えるイソフラボンなどが配合されています。

これらの成分によって髪に充分な栄養が届くようになれば、髪の寿命を伸ばし、太くしっかりした髪を作る助けになるのです。

>>効果的な育毛サプリをチェック<<

まとめ

というわけで、将来禿げたくない人に向けた育毛対策を取り上げてみました。

やっぱり基本は正しい生活習慣がベースとなりますが、普段の生活でなかなかきちんと出来ている人も少ないわけなので、手軽に育毛対策をするには育毛剤、シャンプー、サプリといったラインナップは普段から継続することはおすすめです。

僕もつむじハゲを改善できたのは育毛剤にプラスαシャンプーやサプリも途中で使ったことも大きな要因かなと実感しています。

遺伝的の禿げ家系だったとしても禿げは遅らせることができるわけです。

どちらにしても育毛対策は早めに越したことはありませんね!

>>最新のおすすめ育毛剤ランキング<<

【育毛剤・育毛シャンプー・育毛サプリ】のランキング記事は下記バナーをクリック!

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA