秋は抜け毛がひどいけどいつまで続く?原因と対策を徹底検証!

秋・抜け毛・いつまで・原因・対策・本数

秋は抜け毛がひどい!

実は1年のうちで抜け毛が一番多くなる季節は「秋」。

でもなぜ秋に抜け毛がひどくなるのか?

またいつまでこの抜け毛が続くのか?

気になるところですよね。

秋に抜け毛が多い原因って一体何?

秋の抜け毛を防ぐ対策方法はあるのか?

秋は他の季節に比べて抜け毛の本数はどれくらいなの?

などなど秋の抜け毛について徹底的に検証してまとめてみました。

秋に抜け毛がひどい原因とは?

「秋は抜け毛がひどい!」

秋になって急な抜け毛の増加にびっくりしてしまう経験、ありませんか?

ではなぜ秋は抜け毛が増えてくるのか、その原因について見ていきましょう。

夏の紫外線によるダメージの蓄積

夏は紫外線が非常に強い季節。

早ければ5月、遅くても6月頃から日差しは強くなり続け、8月が終わるまで紫外線の影響を頭皮はもろに受けます。

夏の紫外線を浴びると、体内の活性酸素が増加。

活性酸素は肌のコラーゲンを破壊し、下記のような悪影響を及ぼします。

  • 頭皮の老化
  • 頭皮の炎症
  • 毛母細胞への悪影響
  • 肌が乾燥し潤いがなくなる

夏という季節に紫外線を浴びすぎると、すぐに影響は出ないまでも秋になった頃にはだんだんとその影響が出始めます。

つまり夏の紫外線によるダメージの蓄積が秋になってから抜け毛という形であらわれているということなのです。

ではそのダメージが蓄積する原因について詳しく説明します。

夏の汗による雑菌の繁殖や毛穴の汚れ

夏は非常に汗をたくさんかく季節です。

当然ながら頭皮にも汗をかきます。

この汗をしっかりと落としておかないと毛穴に雑菌が繁殖したり、毛穴が詰まったり、頭皮に悪影響を及ぼします。

また、逆に汗をかいたからといって1日に2回も3回もシャンプーをすると、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうことになりかねません。

夏の間はどうしても暑さで疲れてしまい、頭皮ケアが疎かになりがちなものです。

その夏の間に油断してしまうことで、秋に一気に抜け毛が増えてしまうということに繋がります。

季節の変わり目による体調の悪化や栄養不足

夏から秋になると一気に生活環境が変わります。

こういう季節の変わり目は特に体調を崩しやすい時期。

特に夏は食生活も偏ることが多く、冷たいものを食べ過ぎたり、食欲が無かったりと栄養不足になりやすい環境になる為、危険です。

栄養不足になると当然ながら髪の毛に必要な栄養素も頭皮に運ばれなくなり、結果として薄毛や抜け毛に繋がる、というわけです。

また、夏は生活習慣が普段と大きく異なる場合も多く、夜更かしをしやすい環境でもあります。

こうした生活習慣の乱れが自律神経の乱れにも繋がり、血行不良から栄養が頭皮に行きづらくなるということも覚えておきましょう。

育毛男子
夏は頭皮への紫外線のダメージはもちろんのこと、生活習慣も乱れてくるから身体はもちろん、頭皮が栄養不足にもなりやすい!
開放的な季節だけど今まで以上に気をつけないといけないね!

秋の抜け毛期間はいつまで続くの?

秋の抜け毛の原因については判明しましたが、ではその抜け毛が増える期間は一体いつまで続くのか?

これは夏の間に受けたダメージにもよりますが、一般的には寒くなってくる11月後半以降、つまり2,3ヶ月後くらいには抜け毛も落ち着いてきます。

ただし「夏のうちに蓄積したダメージ」があまりにもひどかった場合はなかなか抜け毛が減らないということもあるでしょう。

さらに「抜け毛が増えた」ということがストレスに繋がり、余計に負の連鎖になってしまう事も考えられます。

「秋は抜け毛が増えるもの!」と気持ちを切り替えた上で、ダメージを受けた髪の毛や頭皮を頑張ってケアするほうが、抜け毛期間を過ごす良い方法ではないでしょうか。

育毛男子
考え過ぎは余計にストレスになって悪循環を引き起こす!とにかくダメージを受けたならその分頭皮や髪の毛をいたわってあげることが大事だね!

秋の抜け毛本数の1日平均が気になる

では具体的に秋の抜け本数は1日のうちどれくらいなのか?

前提として、人間は日常生活を送っていても一般的に1日に80本~100本は自然に髪の毛が抜けています。

当然ながら抜け毛の本数には個人差があり、50本ほどという人もいれば100本以上抜けているという人も珍しくありません。

ただ抜ける=悪いことではなく、1日100本ほどの範囲であれば「ヘアサイクルが正常に働いた結果」であるのでそこまで心配する必要は無いでしょう。

秋の抜け毛はこれ以上の本数であることが多く、だいたい200本前後は間違いなく抜けていきます。

もちろんこれにも個人差がありますが、1日のうちで抜け毛がはっきり確認できるのが「シャンプー」をしている時。

1日のうちで最も抜け毛が多い時間帯はシャンプー時となりますので、どれくらい抜けているのか排水口を確認、もしくは髪を乾かすときに櫛を確認するのも良いでしょうね。

育毛男子
正常な人でも1日100本くらいは髪の毛が抜けているから、あまり気にしすぎはよくないね。

秋の抜け毛対策

秋の抜け毛の原因は判明しました。

では対策はどうすればいいのか?ご覧ください。

暑さ対策・冷え対策など寒暖差に気をつける

暑さ対策
夏は冷房などを利用することも多いと思いますが、暑いところと寒いところの寒暖差があまりにも激しい場合は要注意。

あまりにも寒暖差が激しいと身体にストレスになり、それが溜まり続けると自律神経の乱れに繋がり、血行不良から頭皮の栄養不足を引き起こしてしまいます。

極端に冷やしたり、蒸し暑くならないように部屋の気温を調節して、身体へのストレスや負担を減らしてあげましょう。

食生活に気をつける

食生活
夏は冷たい食べ物や飲み物をどうしても求めたくなります。

しかしこれらは胃腸を急激に冷やしてしまうため、お腹を壊したり消化が上手くできなくなったりしてしまうのです。

また、夏バテなどで食欲不振になったりすると、当然ながら身体は栄養不足になります。

お腹を壊しやすく、食欲もあまりなくなったとあれば、頭皮への栄養も十分に摂取することができません。

夏の食生活は今まで以上に気をつけて、無理なく栄養をとるように心掛けてください。

睡眠不足に気をつける

睡眠不足
人間は夜寝ている間に成長ホルモンが分泌されています。

夜に育毛剤を塗布してから寝るのが良いとされているのは、成長ホルモンがちょうど分泌されている時間だからです。

しかし最近では夜更かしできる環境がたくさん身近に存在しています。

コンビニ、夜のTV番組、スマホなど気がつけば深夜の2時、3時だったなんてことも。

特に夏は夜出歩くことも多くなり、普段よりも夜更かししやすい環境にあります。

寝不足になると疲れがたまる、眠い、気だるさが取れないなど悪影響しかありません。

生活習慣がなかなか改善できないという方は、まず睡眠だけはしっかり取るようにすることを心掛けてください。

日差し・紫外線に気をつける

日差し・紫外線
夏の間に紫外線に晒される頭皮はどんどんダメージが蓄積されていきます。

しかし全く外に出ないということは難しいと思いますので


・日差しが強いときは帽子等を身に付ける

・日焼け止めなどを利用する

・むやみに長時間外に出ない

・用事があっても日差しが和らいでから行動する

などなど、少しでも身体を直射日光に当てないように工夫して生活するのが良いでしょう。

帽子一つ用意するだけでもかなり変わりますので、これから何か対策をしようと思っているのであればまずは帽子を用意してみてはどうでしょうか。

頭皮は人間の一番上にあるので、自分が思っている以上に紫外線の影響を受けます。

頭皮の紫外線対策をするだけでも劇的に変わりますので、ぜひ試して見てください。

正しいシャンプーを身につける

シャンプー
夏は汗をかき、外出することも多いので当然頭皮に汚れも溜まります。

夏の開放感からかついつい帰宅してそのまま寝てしまった、なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかし夏こそ正しいシャンプーで頭皮ケアをしなければいけない季節。

・シャンプーは必ず低刺激のアミノ酸シャンプー

・1日にシャンプーは何回もしない

・乾かすときもゴシゴシと拭かない

特に注意したいのが「1日にシャンプーは何回もしない」ということ。

夏は身体も汗をかくので気になるひとはシャワーを何度も浴びるという方もいるかもしれません。

しかし過剰にシャンプーをしてしまうと、いくら低刺激のアミノ酸シャンプーといえど頭皮の皮脂をすべて洗い流してしまいます。

皮脂は頭皮にとってバリアのような役割を果たしているので、それがすべて流れてしまうと頭皮は完全に危険にさらされるのです。

夏こそ正しいシャンプーを身につけて、汚れはしっかり落とした上で適度に皮脂を残した状態をキープしましょう。

育毛剤を使う

育毛剤
夏はもちろん、秋の抜け毛対策という意味でも育毛剤を使うことは非常に効果的です。

育毛剤には薄毛改善の効果があり、抜け毛を防ぐ成分や髪の毛に栄養を与えてくれる効果もあります。

何よりも育毛剤は頭皮環境を改善してくれる効果が非常に高く、頭皮を健康に保つのであれば育毛剤はまさに最適な選択肢です。

夏のうちに受けたダメージを早く回復させるために育毛剤を使うのは決して恥ずかしいことではありません。

育毛剤は薄毛の方はもちろんのこと、まだ薄毛になっていない人が「予防」のために使うことも多く、頭皮ケアをするならば下手な化粧品よりも効果があります。

まだ育毛剤を使ったことが無い方も下記におすすめの育毛剤を掲載しておきますので、ぜひ見てみてください。

育毛男子
秋の抜け毛対策は夏のうちから実行しよう!

・紫外線対策
・正しいシャンプー
・生活習慣を正す
・暴飲暴食をしない
・育毛剤を使う

などなどこれらで対策をしておけば秋の抜け毛も怖くない!

AGA対策必見!抜け毛や薄毛におすすめの育毛剤3選

最後に、AGA(男性型脱毛症)対策はもちろん、秋の抜け毛・薄毛にもおすすめな育毛剤を3つ選んでみました。

プランテルEX

プランテルEX

プランテルEXは効かない?プランテルとの違いを比較してみた!

2018.07.02

プランテルEXはM字ハゲに強いとされているプランテルがリニューアルされた製品。

M字ハゲに特化していた頃のプランテル時代と比較してもかなり高い育毛効果を有しています。

プランテルEXの注目成分や特徴は以下の通りです。

リデンシル

リニューアルしたプランテルEXは非常に効果の高い育毛成分のリデンシルが配合。

このリデンシルは頭皮の奥にあるバルジ領域の細胞を活性化させ、毛母細胞の増殖=髪の毛を生成する命令を与えます。

抜け毛を防ぐ効果の多い育毛剤において、この髪の毛を生やす命令を与えるリデンシルはまさに攻めの育毛剤です。

ペブプロミンα

ヒオウギエキス、ボタンエキス、ビワ葉エキスが配合されたプランテルEXの独自成分がこのペブプロミンα。

非常に高い5αリダクターゼ抑制効果があり、以前のプランテル時代には無かった成分。

5αリダクターゼが抑制されれば脱毛ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)が減少することになり、結果として薄毛の解消に繋がるというわけですね。

プランテルEXにはこの他にも育毛剤にはなくてはならない有効成分(センブリエキス・ジフェンヒドラミン塩酸塩・グリチルリチン酸ジカリウム)を含み、アミノ酸天然由来成分も配合された非常にポテンシャルの高い製品です。

M字ハゲ用とされていたプランテル時代とは比較にならないほどパワーアップしたプランテルEXは、育毛剤初心者にも熟練者にもおすすめなことは間違いないでしょう。

フィンジア

フィンジア

魔裟斗の育毛剤(フィンジア)がAGAに効果的な理由を徹底検証!

2018.07.24

フィンジアは一時期売り切れになるほど品薄になったことでも話題になった育毛剤です。

話題の成分キャピキシル・ピディオキシジルに加えてカプサイシン配合によるゲートアクセス理論により、頭皮への成分浸透力は他の育毛剤とは比較になりません。

フィンジアの注目成分や特徴は以下の通りです。

キャピキシル

ミノキシジルの3倍の効果があると言われる話題の成分キャピキシル。

副作用なしでミノキシジル以上の効果が見込めるということもあり、多くの育毛剤に採用されています。

そんなキャピキシルをフィンジアは5%も配合しているので、育毛効果はかなり高いということですね。

ピディオキシジル

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体とも呼ばれ、成分構造がミノキシジルとよく似た形をしています。

ミノキシジルと似た効果を発揮する上に、副作用の心配もないので安心して使用できる点はありがたいですね。

カプサイシン

カプサイシンはトウガラシなどにも含まれている成分で、発汗作用により頭皮の毛穴を開き、柔らかくしてくれます。

この頭皮を柔らかくし、成分を浸透しやすくする効果はゲートアクセス理論と呼ばれ、他の育毛剤には無いフィンジアだけの特徴です。

このようにフィンジアはキャピキシル・ピディオキシジルという話題の育毛成分を高濃度で配合しており、カプサイシンの効果により頭皮への浸透力もかなり高いものとなっています。

どんなに優れた成分を配合している育毛剤でも、頭皮に浸透しなければ全く意味がありません。

そういう点で考えると、頭皮にいかに浸透させるかということをメインの課題においたフィンジアは最も効率的に成分を吸収できる育毛剤といえるでしょう。

ブブカゼロ

ブブカゼロ

ブブカゼロの口コミ・評判は嘘?2chは?賛否の声からわかった真実

2018.08.08

150万本を売り上げたあのブブカが大幅にリニューアルしたものがこのブブカゼロ

M-034という海藻から採取したエキスの配合量はなんと従来の10倍にもなっており、アルコールが無添加となったのが大きな変更点です。

ブブカゼロの注目成分や特徴については以下の通りです。

M-034

M-034は海藻から抽出されたエキスであり、その効果はあのミノキシジルと同等であることが証明されています。

天然由来成分であるためミノキシジルのような副作用の心配もなく、安心して使えるのが大きいですね。

マジョラムエキス

ブブカゼロになって新しく配合されたマジョラムエキス。

マジョラムエキスの働きは主に17型コラーゲンの働きをサポートすること。

17型コラーゲンはバルジ領域といわれる毛包幹細胞内にあり、毛髪の成長及び黒く強い髪の毛の生成に働きかけてくれます。

5αリダクターゼ抑制成分

ビワ葉エキス・ホウセンカエキス・オウゴンエキスの3種類の成分がブブカゼロになり新しく加わりました。

従来のブブカゼロに配合されていたジオウエキス・チョウジエキスも合わせて5種類の成分でしっかり5αリダクターゼをブロックしてくれます。

5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結びつくと、脱毛ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成してしまう存在。

つまり5αリダクターゼを抑制・ブロックすることは結果的に抜け毛の防止に繋がるというわけです。

このようにミノキシジルと同等のパワーを持つM-034による育毛効果に加え、高い5αリダクターゼ抑制効果、そしてノンアルコールの無添加仕様は頭皮環境に非常に優しいブブカゼロ。

今までの育毛剤で満足できなかった方や、効果が無かった方には強くおすすめできます。

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA