育毛シャンプーは効果ない?効果ある?目的を理解して使うべき

育毛シャンプー・育毛効果はなし・種類・特徴・成分

こんにちは育毛男子です!

育毛シャンプーは”育毛”という文言がついているので、育毛剤のような育毛効果があると感じてしまう方もいます。

シャンプーは基本的に洗い流すものなので、育毛剤とは目的が異なります。

今回はそんな育毛シャンプーは効果ないのか?効果あるのか?について詳しく解説しました。

育毛男子
この記事かわかること

育毛シャンプーの目的
育毛シャンプーの期待できる効果
育毛シャンプーの種類
育毛シャンプーと市販シャンプーの違い
おすすめの安心できる育毛シャンプーの紹介

>>おすすめの育毛シャンプー<<

育毛シャンプーは効果ない?効果ある?

結論的には髪は生えないけど育毛シャンプーは間接的に育毛効果があるということ。

よく育毛シャンプーのCMなどがTVでも流れていますが、その中で「髪が生える」とは一言も言っていないことに気がついていますか?

CMで良く使われているような「男を磨く」というような表現はいかにも髪の毛が生えそうな感じですよね。

育毛シャンプーとはその名前の通り育毛の為に作られたシャンプーです。

特徴としては洗浄力の強いものは使われていないということ。

市販のシャンプーはいわば「食器用洗剤で髪を洗っているようなもの」です。

頭皮がすっきりすることで気持ちよいかもしれませんが、それでは頭皮を守ってくれている皮脂を全て洗い流しているため、結果的に頭皮を危険にさらしてしまいます。

もちろん、育毛シャンプーには髪の毛に必要な有効成分は入っています。

しかし医学的に効能が認められた成分は入っていません。

いかにも育毛シャンプーで髪が生えたような雰囲気のCMなどもありますが、実は「シャンプーで発毛した」と断言すると薬事法違反となります。

正しくは「育毛シャンプー+育毛剤や薄毛に関して治療を行ったことで髪の毛が生えてきた」ということになります。

育毛シャンプーは頭皮の環境を整えることはできますので、決して悪いわけではありませんが誤解の無いようにしていきたいものですよね。

育毛シャンプーから期待できる効果

育毛シャンプー・効果・メリット

では具体的に育毛シャンプーの効果を見ていきましょう。

育毛シャンプーによって認められている効果は次のようなものがあります。

・頭皮や髪の毛を清潔に保つ

・頭皮状態や髪の毛を健康な状態に保つ

・頭皮や髪の毛の不快な臭いを抑える

・髪の毛にコシや張りが出る

・頭皮や髪の毛の潤いを保つ

シャンプーは頭皮環境を改善するにおいて非常に重要な要素です。

頭皮に合わないシャンプーや市販の洗浄力が強いシャンプーを使っていると頭皮の健康にも良くありません。

頭皮環境が悪くなるとフケ・かゆみ、そして悪化すると抜け毛にも発展します。

育毛シャンプーのメリットとして頭皮に必要な皮脂を残したまま、洗浄できるというものがあります。

また、化学物質などが含まれていない為に刺激が少なく、さらに育毛効果を高めるための栄養成分も配合されているので頭皮環境を整えるのに最適です。

育毛シャンプーの種類

では育毛シャンプーと呼ばれるものにはどんな種類や成分がふくまれているのか?

代表的なものを見ていきたいとおもいます。

アミノ酸シャンプー

一般的に育毛シャンプーと呼ばれるのがこのアミノ酸シャンプーです。

ややこしいのが、アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーに分かれてること。

育毛男子
アミノ酸シャンプーは良いけど、アミノ酸配合シャンプーは駄目。

アミノ酸配合シャンプーはボトルに「ラウリル硫酸~~、ラウレス硫酸~~、~~スルホン酸」といった表記になっているので、こういったワードには界面活性剤なので注意が必要です。

市販の安いシャンプーのように食器洗い専用の洗剤でシャンプーしてるようなもの。

なので、アミノ酸配合シャンプーではなくアミノ酸シャンプーを選ぶようにしましょう。

アミノ酸シャンプーには主に「コカミド~~」「ココイルグルタミン酸」といった表記になっており、上記のような「硫酸系」は表記されたものアミノ酸配合シャンプーなので使わない方がいいですね。

無添加シャンプー

防腐剤・色素・香料・化学合成原料など、人工的に作られた成分が含まれていないものが無添加シャンプーです。

ただし無添加といっても保湿や香りの為に自然素材などが含まれている場合もあります。

また、「何が無添加なのか」ということもしっかり確認するほうが良いでしょう。

弱酸性シャンプー

通常、人間の肌や頭皮は酸性を表すpH(ペーハー値)は4.5~6.0程度の弱酸性となっています。

人間の身体に有害な菌は酸性に弱いものが多く、身体が弱酸性なのは酸に弱い菌から身体を守る働きがあるわけですね。

つまり弱酸性の身体には性質の同じ弱酸性のシャンプーが頭皮に良いということになります。

また、頭皮と同じ性質の為に毛穴を無理に開かせるような洗浄力も弱く、皮脂を洗い流し過ぎるようなこともありません。

洗浄力が弱いといっても通常の汚れはきちんと落とすことができますので安心ですね。

多くの育毛シャンプーは弱酸性のものが多くなっています。

ノンシリコンシャンプー

シリコンというのは髪の毛をコーティングする為に配合されているもので、シャンプーやコンディショナー・トリートメントなどにはかなりの確率で含まれています。

シリコンが入ったシャンプーを使うと一見サラサラでツヤツヤの髪の毛になったように思えますが、毎日しっかり洗浄力の強い成分で落とさなければ逆に髪の毛が傷んでガサガサになってしまうのです。

ノンシリコンであれば髪の毛をコーティングすることがないので、仕上がりが軽くなり髪の毛のボリューム感も出ます。

育毛シャンプーでシリコンが入っているものはほとんどありません。

育毛シャンプーと市販のシャンプーの違いは?

育毛シャンプー・普通のシャンプー・違い

育毛シャンプーと市販のシャンプーの大きな違いは、洗浄力の違いです。

そもそも洗浄するために含まれている成分が育毛シャンプーと市販のシャンプーでは全く違います。

「アミノ酸シャンプー」でも触れましたが、市販のシャンプーが高級アルコール性のもの(ラウリル硫酸、ラウレス硫酸など)が使われていることに対して、育毛シャンプーのほとんどはアミノ酸系の成分が含まれているのです。

市販のシャンプーに含まれている

・ラウレス硫酸ナトリウム

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウリル硫酸アンモニウム

・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩

・スルホン酸ナトリウム

安い市販シャンプー・危険

安い市販シャンプーは危険な成分がいっぱい!薄毛になる前にストップ

2018年6月19日

これらは確かに泡立ちも良いので髪の毛に良いと思ってしまいます。

しかし実際の所は食器用洗剤で頭皮を洗っているようなもので、頭皮の皮脂を全て洗い流してしまうわけです。

頭皮は皮脂のバリアにより守られている為、全て洗い流してしまうと頭皮が危険に晒されてしまいます。

また、皮脂が流れ落ちた頭皮は乾燥を防ぐためにより多くの皮脂を分泌し始める為、頭皮状態の悪化に繋がるのです。

これがアミノ酸系の成分が入っている育毛シャンプーならば頭皮に必要な皮脂を残しながら、頭皮の洗浄ができます。

なのでシャンプーは次の項目で紹介するアミノ酸系の成分が配合されたものが安心ですね。

おすすめの育毛シャンプー

おすすめの育毛シャンプーを紹介します。

成分的にも育毛シャンプーとしての効果は期待できる要素がありますので、参考になればと思います。

モンゴ流シャンプーEX

モンゴ流シャンプーex08
内容量 400ml
定価 4,980円(税込)
定期便価格 4,480円(税込)
注目成分 モンゴロイド3大伝承成分・26種の天然成分
最安値 公式サイト
モンゴ流シャンプーEX・口コミ・評価・体験レビュー

モンゴ流シャンプーEXの評価や口コミは?効果を実体験から解析!

2018年1月17日

モンゴ流シャンプーEXの最安値はこちら

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー06
内容量 300ml
定価 4,180円(税込)
定期便価格 3,280円(税込)
注目成分 オーガニックエキス10種
最安値 公式サイト
チャップアップシャンプー・口コミ・評判・レビュー

チャップアップシャンプーを自ら口コミ評価!育毛効果と成分も解析!

2018年1月30日

チャップアップシャンプーの最安値はこちら

ウーマシャンプー

ウーマシャンプー02
内容量 300ml
定価 4,950円(税込)
定期便価格 3,460円(税込)
注目成分 馬油・ガゴメ昆布・加水分解ケラチン・アミノ酸BCAA・グリチルリチン酸2K
最安値 公式サイト
ウーマシャンプー・口コミ・実体験・レビュー

ウーマシャンプーの口コミを解析!効果と成分を実体験から評価!

2018年1月26日

ウーマシャンプーの最安値はこちら

ボストン(BOSTON)アロマシャンプー

ボストンアロマシャンプー03
内容量 300ml
定価 4,298円(税込)
定期便価格 3,866円(税込)
注目成分 コカミドDEA・天然ユーカリオイル・ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス-5カルボン酸Na
最安値 ボストンアロマシャンプー公式
ボストンアロマシャンプー・体験レビュー・口コミ・評判

ボストンアロマシャンプーの口コミと効果を検証【体験レビュー】

2018年1月27日

ボストンアロマシャンプーの最安値はこちら

まとめ

育毛シャンプーと聞くとやはり育毛効果を期待して購入してしまいがちですが、実際のところはシャンプーだけで髪の毛が生えるということはありません。

落ち着いて考えるとシャンプーって最後に髪の毛をすすぐのだから、シャンプーにどんな成分が入っていても残っているわけが無いですよね。

ただ、育毛効果が無いとはいえ頭皮環境を整えるには必要な成分が入っていますし、育毛剤などと合わせて使う分には良い補助効果が得られるのではないでしょうか。

>>おすすめの育毛シャンプー<<

よく読まれてるコンテンツ

プランテルEX・トップ 人体実験からの薄毛改善データのある主成分「リデンシル」が最高濃度で配合。AGA対策として特許成分「ペブプロミンα」が追加された育毛剤。
プランテルEXの詳細を詳しくみる
チャップアップ・トップ安全へのこだわりとAGAに対策された成分数もトップクラス。実際に僕も愛用して効果を実感しています。
チャップアップを1年使った結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

当サイトを運営してる「イクダン(育毛男子)」です。 もともと髪の毛が細く、つむじが2つあってつむじハゲには悩まされてきました。 薄毛や抜け毛で悩む男子のために役に立つ情報を発信していきます。