薄毛の原因は遺伝?ハゲる確率は?遺伝子検査や仕組みについてまとめてみた

今回は薄毛の原因は遺伝が影響するのかということについてピックアップしてみました。

特にハゲる確率も気になりますし、その確率を調べられるという遺伝子検査や遺伝子の仕組なども興味がある方が多いのではないでしょうか?

白髪に関しては遺伝するかどうかははっきりと裏付けはされていませんが薄毛の場合はどうなのか、気になりますね。

ということで薄毛原因は遺伝なのか?またハゲる確率について遺伝子検査や遺伝子の仕組みについてまとめてみました。

遺伝でハゲるって本当?

遺伝でハゲるって本当?
将来ハゲるかどうか、ふと思ってしまうこともあると思います。

そんな時、両親や祖父母・親戚などを思い浮かべることもあるのではないでしょうか?

まず、ハゲは主に男性ホルモンが影響しており、男性ホルモンのテストステロン5αリダクターゼという還元酵素が二つ結びつことでジヒドロテストステロン(DHT)というものが生成されます。

チェック!性欲が強い男性はハゲやすい?男性ホルモンの影響についてまとめてみた!

ジヒドロテストステロンは毛髪の育成に悪影響を及ぼす、いわゆる脱毛ホルモン。薄毛の原因です。

特に5αリダクターゼの活性の高さは遺伝により決まりますので、ハゲに影響してくるというわけですね。

またアンドロゲンレセプターというホルモンを感知する器官もジヒドロテストステロンに深く関係しています。

それはハゲに関係するホルモンのジヒドロテストステロンを感知する感受性が高ければ高いほど、影響を受けやすくなってしまうということです。

必ずしも遺伝で全て決まるというわけではありませんが、ハゲの原因となる要因が遺伝子として受け継がれていることはお分かりいただけたと思います。

父方と母方がハゲてたら危険?

父方と母方がハゲてたら危険
遺伝について、父方と母方のどちらがハゲてたら危険なのか?

一般的には母方の遺伝子がハゲに大きな影響を与えている、と言われています。

男性の精子にはX染色体とY染色体が、女性の卵子にはX染色体が含まれていることは聞いたことがある方もいるでしょうね。

生まれた子供はどの染色体を受け継ぐかで性別がきまります。


男の子→父・Y染色体と母・X染色体

女の子→父・X染色体と母・X染色体

実は前述した5αリダクターゼの活性の高さを決める遺伝子はX染色体に含まれている為、母方からの遺伝が大きく影響します。

なので母方の祖父がハゲていたりした場合はその遺伝子を受け継ぐ可能性もありますので、ハゲ安くなるということですね。

なお、女の子の場合はX染色体の両方にハゲの遺伝子があり、なおかつそれをどちらも受け継いだ場合は薄毛になるようですが、女性ホルモンの影響もありほとんどそういったことはありません。

遺伝でハゲる確率について

では遺伝でハゲる確率はどれくらいなのか?

明確な確率については研究が続いているようですが、一般的には確率は25%程度だと言われています。

前述したように母方にハゲる原因の遺伝子が合った場合は、生まれた子供が男の子ならばその遺伝子を受け継ぐかそうでないかですから確率はかなり高いでしょうね。

ただ、遺伝子を受け継いだからといって将来100%ハゲるということではなく、あくまでもそういう遺伝子を持っているというだけです。

遺伝子に加えて生活習慣・ストレス・食生活など様々な要因が合わさることで、薄毛が発症しますので、決して遺伝だけが全てということではありません。

育毛男子06
遺伝的にアウトでもハゲは遅らせることができるから
早期に対策していこう!


>>僕の育毛体験記<<

遺伝子の仕組み

遺伝子の仕組み
遺伝子の仕組みについて、ここでおさらいしたいと思います。

遺伝子は染色体に記録されている情報で様々な血液型や髪の色など様々なものが書かれています。

染色体は1つの組に2つあり、全部で23組(46本)あるわけですね。

精子と卵子にはそれぞれ23本ずつの情報が記録されており、子供は父親と母親の情報をそれぞれ受け継いで46本となります。

この組み合わせは膨大な数になりますので、同じ両親から生まれた兄弟姉妹が似ているけれど全て同じではないことにも繋がってくるわけです。

ちなみに、母方の祖父がハゲていた場合にその遺伝子を子供が受け継ぐことももちろんあります。

これは隔世遺伝と言われ、両親がハゲていないのに子供がハゲることがあるのはこういう仕組みなのです。

遺伝子検査はAGAクリニックで受けれる

しかし遺伝といっても果たして自分にハゲやすい遺伝子が遺伝しているのかどうかわかりませんよね。

それを調べられるのが遺伝子検査。

AGA(男性型脱毛症)という毛髪サイクルが乱れる病気は遺伝での男性ホルモンによるところが大きいことは前述した通りです。

検査キットのような自宅で出来るものも市販されていますが、やはり専門医に見てもらってその場で適切なアドバイスをもらうほうが気分的にも安心感がありますよね。

なお、クリニックの相場はだいたい15,000円~20,000円くらいで、自宅での検査キットは13,000円前後となっています。

まとめ

薄毛原因は遺伝ということについて、ハゲる確率や遺伝子検査と遺伝子の仕組みについてまとめて記事にしてみました。

遺伝子検査についてはできるだけ早い段階をオススメします。

遺伝はさすがに変えることはできませんが、生活習慣の改善によりAGAの進行を遅らせたりすることは充分に可能です。

まずは身近なところで食生活などから見直していくのも良いかもしれませんね。

よく読まれてるコンテンツ

プランテルEX・トップ 人体実験からの薄毛改善データのある主成分「リデンシル」が最高濃度で配合。AGA対策として特許成分「ペブプロミンα」が追加された育毛剤。
プランテルEXの詳細を詳しくみる
チャップアップ・トップ安全へのこだわりとAGAに対策された成分数もトップクラス。実際に僕も愛用して効果を実感しています。
チャップアップを1年使った結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA