円形脱毛症の治療法(早く治す方法)のまとめ!病院では何科?

育毛男子

こんにちは育毛男子です!

今回は円形脱毛症の治療法についてピックアップします。

円形脱毛症をを早く直す方法が知りたい、一刻も早く治したいと思っている方は多いでしょうね。

でも一体病院では何科にいけば良いのか?

円形脱毛症に悩む方にとって必要な情報は非常に多いと思いますし、まずはどうすれば良いのか心配になって余計にストレスを抱えることも珍しくありません。

ということで円形脱毛症の治療法(早く治す方法)や病院では何科なのかまとめてみました。

円形脱毛症のメカニズム

円形脱毛症と聞くとまず思い浮かぶのが「ストレス」ですよね。

確かに円形脱毛症の原因の多くはストレスによるものが非常に多いです。

また、ストレス以外にも自己免疫疾患・アトピー・遺伝などその原因には様々なものがあります。

円形脱毛症は上記のような要因により、毛根に栄養が行き渡らなくなり抜け毛となってしまう症状です。

その際に文字通り円形に脱毛するのが特徴ですが、1箇所だけではなく複数箇所、または全ての毛が抜け落ちたりする症状もあります。

なお、円形脱毛症は単発であれば半年~1年ほどで自然治癒することがほとんどです。

ただし症状が進行している場合は必ず病院で見てもらうほうが良いでしょう。

円形脱毛症・原因・自然治癒・効果的な食べ物・期間

円形脱毛症の原因は?自然治癒に効果的な食べ物や期間についても!

2017年10月16日

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症は症状が単発のものならば自然治癒でも充分に回復します。

しかし複数の箇所に円形脱毛症が出来たり、症状が進行している場合はやはり専門の治療が必要です。

治療法も実に様々で、症状や年齢などにより選ばれますが、一般的な治療法は下記のようなものがあります。

ステロイド治療

円形脱毛症は自己免疫疾患によるものが多いですが、この自己免疫疾患を抑える方法として有効なのがステロイド治療です、

単発型の円形脱毛症にははステロイドの塗り薬による治療が効果的ですが、それ以外にも注射するタイプや服用するタイプなどがあります。

服用するタイプは急速に進行する円形脱毛症に有効ではありますが、胃の病気や骨粗鬆症などを引き起こす恐れもあるので注意が必要です。

なお、基本的に小児の場合はステロイド治療は推奨されていません。

液体窒素療法

液体窒素療法は冷却療法とも呼ばれており、脱脂綿や綿棒に含ませた液体窒素を押しあてる方法です。

この治療法は簡単で副作用も軽く、脱毛範囲が縮小することからも他の治療法と併用されることもあります。

ただし、痛みを伴う為に小児に対しては行いません。

ドライアイス圧低療法

こちらも液体窒素療法と同じくドライアイスを患部に当てて刺激をする治療法です。

同じく小児に対しては行いません。

PUVA療法(紫外線療法)

免疫を弱める効果を持つ紫外線を照射する治療法PUVA療法です。

これは局所免疫療法が推奨されない全頭型や汎発型の脱毛症に対して行われる治療法ですが、発毛してくると紫外線照射が出来ないために再発する可能性も高くなっています。

局所免疫治療法

脱毛が起きている箇所にアレルギー感作物質を塗る治療法局所免疫治療法です。

最初は高濃度→次に低濃度からだんだんと濃度を上げていくことで自己免疫反応を起こしているリンパ球を抑制する別のリンパ球が集まり、発毛が促進されます。

皮膚炎やじんましん、リンパ節の腫れなどを起こすこともありますが基本的に円形脱毛症に対しての治療法として推薦されており、小児に対しても治療できるという点が大きいですね。

その他

その他にも様々な療法があります。

アトピーが原因での円形脱毛症の場合はアトピー性皮膚炎に使われる免疫抑制剤などもあります。

ただ、原因がはっきりしていない円形脱毛症の場合はむやみに色々な治療を試さないほうが良いでしょう。

精神安定剤や漢方薬なども選択肢としては出てくるかもしれませんが、現状ではあまりオススメできません。

どんな治療法でもメリットとデメリットがあります。

円形脱毛症に対する有用性がまだはっきりしていない治療法もありますので、まずは専門医に相談して適切な治療を受けるようにするのが一番です。

病院では何科にいけば良いの?

円形脱毛症・何科
では円形脱毛症は一体病院では何科にいけば良いのか?

一般的に円形脱毛症の治療は皮膚科で受けることが可能です。

円形脱毛症は髪の毛が原因というよりも頭皮に関する原因があります。

さらに円形脱毛症は病気として認知されており保険も適用されますので費用面でも心配はいりません。

また、最近では髪の毛の専門クリニックもありますので皮膚科よりもそちらへまず相談に行くのが良い場合もあります。

やはり専門医ですから相談もし易いですし、クリニックによっては無料カウンセリングなどもあるので参考にしてみて下さい。

まとめ

円形脱毛症の治療法(早く治す方法)を中心に病院では何科なのかまとめて記事にしてみました。

円形脱毛症は基本的に単発型であれば1年以内に自然治癒することがほとんどだということですが、やはり心配になってくるものです。

総合病院では皮膚科に行くことで相談に乗ってもらえるようですが、最近では専門のクリニックもありますのでどんどんそういうところを探して相談するのが良いでしょうね。

よく読まれてるコンテンツ

プランテルEX・トップ 人体実験からの薄毛改善データのある主成分「リデンシル」が最高濃度で配合。AGA対策として特許成分「ペブプロミンα」が追加された育毛剤。
プランテルEXの詳細を詳しくみる
チャップアップ・トップ安全へのこだわりとAGAに対策された成分数もトップクラス。実際に僕も愛用して効果を実感しています。
チャップアップを1年使った結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

当サイトを運営してる「育毛男子」です。 もともと髪の毛が細く、つむじが2つあってつむじハゲには悩まされてきました。 薄毛や抜け毛で悩む男子のために役に立つ情報を発信していきます。