AGA(男性型脱毛症)治療効果は?期間と費用や薬の副作用はどう?

AGA(男性型脱毛症)治療・効果期間・費用・薬・副作用

今回はAGA(男性型脱毛症)の治療効果についてピックアップします。

AGAという名称自体、ここ最近非常に多く目にするようになりました。ですがその治療について効果があるのかどうか、気になるところです。

また、治療する期間も長いと聞きますし、AGAの治療薬には副作用があるとも聞きます。

AGAは人によっても治療法が異なりますので、治療をする場合は専門のクリニックがやはり有効ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?

ということでAGA(男性型脱毛症)の治療効果やその期間と費用、さらに薬の副作用もまとめてみました。

AGA(男性型脱毛症)治療法ってどんなことするの?

AGA(男性型脱毛症)治療・どんなことをする
AGA(男性型脱毛症)とは20代や30代の男性に起こる薄毛の症状です。

まだ老年性の脱毛には早い時期に起こることから、若ハゲなどと言われていますね。

チェック!若ハゲの改善方法と原因のまとめ!薄毛の10代・20代男子必見!

AGA発症の原因は主に男性ホルモンが原因で起こります。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりDHT(ジヒドロテストステロン)が発毛のサイクルを乱すことで薄毛となるのです。

AGA治療は主に薬によるものが主流ですが、AGAの原因にはストレスや生活習慣の乱れなど、身体の状態も大きく影響します。

通常は投薬治療に加えて生活習慣の見直し+食事療法などをしていくようなものになりますね。

AGA(男性型脱毛症)の治療の効果は?口コミはどう?

実際にAGA治療の効果があったのかどうなのか?

ネット上での口コミを見ると「効果があった」というものや「全く効果が無い」など人によりその反応は様々でした。

当然ながらAGA治療は人によりその治療法は変わってきます。

・薄毛の進行具合

・治療方法

これらの違いにより継続して治療する期間も変わってくるわけです。

また、薬による治療はAGAの進行具合によって人によって効果が無い場合ももちろんあります。

しかしAGA専門クリニックによる治療は「効果が無い」というような口コミはネット上を探してもほとんどありません。

やはりAGA治療を受けるなら専門クリニックにまずは相談をするのが良いでしょう。

効果が出るまでの期間は?

AGA治療に関して効果が出るまでどれくらいの期間がかかるのか気になるところですよね。

しかし期間についてはやはり人それぞれ個人差もあり、一概に「○ヶ月で生える!」ということはありません。

早い人は1ヶ月でも効果が出始めますし、1年間かかってやっと効果が見えてくる人もいます。

ただ、AGAの治療は基本的に1回で終わりということはまずないので、クリニックには最低でも3ヶ月ほど通う必要はあるでしょう。

治療薬6選!

AGA(男性型脱毛症)治療・治療薬

プロペシア

日本で認可されているAGA治療薬であり、薄毛治療に効果的ということで知られているのがプロペシア

フィナステリドという有効成分の含有量により0.2mg錠と1mg錠の2つが販売されています。

フィナステリドはAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼを抑える効果があり、DHTの生成を防ぐわけですね。

ミノキシジルタブレット

もともと高血圧の為の薬として知られていたミノキシジルタブレットは、血圧を下げる効果の副作用で体毛が濃くなる症状が発見されました。

それによりAGAへの効果が注目され、近年では発毛目的の内服薬として効果が期待されています。

ただし日本ではAGAの治療薬として正式に認可されておらず、血管拡張作用によって引き起こされる動機や低血圧には注意が必要です。

フィンペシア

プロペシアと同じようにフィナステリドが含有されているフィンペシアは、プロペシアと比べて値段が安いのが特徴です。

効果としてはプロペシアと同じなので、ジェネリック医薬品のようなイメージでも良いかもしれません。

ロゲイン

ロゲインはミノキシジルが含まれていますがタブレットと違い塗布するタイプです。

患部に直接塗って使いますが、かぶれ・かゆみ、さらにタブレットと同様の動機や低血圧などの副作用が起こる場合があるので注意が必要です。

ただしこちらも同様に日本ではAGAの治療薬として正式に認可はされていません。

アロビックス

塩化カルプロニウムを含んでいる外用薬のアロビックス血管拡張の作用があります。

それにより発毛や育毛に関わる数多くの細胞に栄養が行き渡るため、AGA治療に効果があるということですね。

処方箋医薬品として承認もされている為に安心ですが、副作用で発疹やかぶれ・かゆみなどが出ることもあります。

また、血管拡張作用があるために血圧低下や汗が多く出たりなどの副作用も確認されています。

ザガーロカプセル

2015年にAGAの治療薬として認可が降りた、比較的新しめの薬なのがザガーロカプセルです。

デュタステリドという有効成分が含まれており、フィナステリドと似た効果が期待できます。

フィナステリドと違うのは1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの両方を抑制する効果があるところです。

ただ、発疹や生殖器への副作用、また肝臓の負担などのリスクもあります。

治療薬の副作用について

AGA(男性型脱毛症)治療・副作用
ご紹介した治療薬で様々な副作用をご紹介しましたが、実はもっと治療薬の副作用には様々なものがあります。

プロペシアに関して言えば性欲減退・精子減少・勃起機能低下などが出る人も確認済みです。

加えて、肝機能障害も稀に引き起こすことがありますので、服用している間に身体に少しでも異常を感じた場合はすぐに医師に相談するのが良いでしょうね。

ミノキシジルは毛細血管の拡張や血行促進などの効果をもたらしますが、もともと低血圧の薬であったために処方するには条件がある場合がほとんどです。

低血圧だったり貧血がひどい人などには基本的にはミノキシジルの使用を控えています。

また、塗布するタイプの場合はニキビや肌荒れ・かゆみなどの症状が出る場合もありますので、取扱いには注意が必要です。

他にも多くの治療薬がありますが、いずれも副作用はついてきます。

AGAは非常に長期の治療となることが多いので、医師と相談をして自分の身体にあった治療薬を使うことが重要なポイントですね。

費用はどのくらいかかるの?保険適用は?

さて、AGA治療に費用はどれくらいかかるのか?また保険適用はされるのか気になるところです。

結論から言えば現時点ではAGAは保険適用外となっています。

いわゆる、美容整形などと同じような扱いなわけですね。

では病院でかかる費用はどれくらいなのか?

前述したようにAGAには保険が適用されていません。

そのために一般的な病気の治療と違ってどうしても費用は高くなってしまいます。

一般の病院で治療を受けた場合はだいたい8,000円~15,000円、AGA専門のクリニックでは15,000円以上の費用がかかります。

ただ、どのAGAクリニックも初回費用は4,000円~5,000円と最初は比較的安価な価格で治療を受けることができるようです。

繰り返しますがAGA治療はかなり長期の治療となる場合が多いので、病院を選ぶ場合は

・行きやすい場所にあるか

・よく相談に載ってくれる医師がいるか

・自分の薄毛の状態にあった治療ができているか

これらの点が非常に重要になってきます。

費用がかかるだけにAGAクリニックの選び方は慎重にいきたいものですね。

どちらにしてもAGA治療を受けるのであれば一般の病院よりも専門クリニックでの治療が断然オススメです。

AGAスキンクリニック一覧

ではAGAスキンクリニックに関していくつかご紹介します。

湘南美容外科クリニック

全国に50院以上展開している湘南美容外科クリニックは2016年2月から1年間の来院者は実に100万人を超えています。

AGA治療は初回1800円から受診することが可能で、無料カウンセリングもWebでは行っているのでまずは気軽に相談してみるのも良いかもしれませんね。

チェック!湘南美容外科クリニックの詳細はこちら

AGAスキンクリニック

AGA専門クリニックとしてAGA治療に非常に力を入れているのがこのAGAスキンクリニックです。

その発毛実感率はなんと99.4%!

治療を始めて3ヶ月~4ヶ月で実に78%もの患者が発毛を実感しています。

また、オンラインでの診察もしているので気軽に相談ができるのもポイントですね。

チェック!AGAスキンクリニックの詳細はこちら

東京ロイヤルクリニック

日本で唯一、AGA薄毛専門外来を持っている美容皮膚科が東京ロイヤルクリニックです。

AGAの治療に関しては非常に高い実績があり、また外に看板などが無くAGA治療だとわかりにくい上に他の患者とは一切顔をあわせることが無いなど、プライバシーの面でも安心感を与えてくれます。

東京ビューティークリニック

女性の薄毛対策に関して、東京ビューティクリニックはしっかりとカウンセリングを行ってくれます。

AGAは男性型脱毛症という名称ですが、男性だけでなく女性も症状が出ることは珍しくありません。

男性より症状が軽い場合がほとんどですが、ホルモンバランスの崩れから薄毛になる方も大勢いらっしゃいます。

チェック!東京ビューティークリニックの詳細はこちら

AGA(男性型脱毛症)治療を受けない方がいい人は?

さて、AGA治療に関して受けない方がいい人というのはどういう人なのでしょうか?

ご存知AGAは男性ホルモンの影響によって抜け毛が増えてしまい薄毛になる症状です。

抜け毛が増えてきたり、最近どうも薄くなってきたと感じている人は「すぐにAGA治療をしたほうがいいかも?」と思うかもしれませんが、実はそれほど症状が進んでいない場合もあります。

実際のところ生活環境がいきなり変わってストレスが原因で抜け毛が増える人も少なくありません。

そういう時はだいたい生活環境に慣れてきたり、ストレスが解消されれば、抜け毛も自然と減ってくることがほとんどです。

AGAの治療には非常にお金がかかりますし、治療薬も様々な副作用があります。

まだ本当に必要な段階で無いときに副作用のリスクを抱えてまで薬を使用するのはなるべく控えたいですよね。

まずは自分の最近の生活習慣に悪いところが無いか?思い当たるところを一度ゆっくり考えてからでも良いでしょう。

まとめ

AGA(男性型脱毛症)治療効果やその期間・費用に加えて薬の副作用もまとめて記事にしました。

AGAは非常に治療には長い期間がかかる場合がほとんどですし、費用に関してもやはりそこそこの金額がかかることは仕方ないようですね。

ただ、自分自身で改善できるところ(生活習慣・食生活など)をまずは探してみたり、現在つかっているシャンプーや育毛剤などを見直してみたりするだけでも効果はあると思います。

AGA治療を始める前にまずは自分の頭皮の状態などを確認した上で、適切な治療法を探してみることがまずは必要なことかもしれませんね。

【育毛剤・育毛シャンプー・育毛サプリ】のランキング記事は下記バナーをクリック!

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA