マスターピース育毛剤は発毛効果あり?NcPA成分は生える?

マスターピース・効果

ミノキシジルと比較される成分はちらほらありますが、肝心の発毛効果を比較された成分ではありません。

NcPAという成分も同じくミノキシジルと比較されているのですが、発毛効果の比較要素が強いです。

そのNcPAが配合されたのがマスターピース

育毛男子

NcPAの実験から髪が生えた事例があったので、詳しくチェック

新しい成分ということで、医薬部外品として許可されてないため分類的には養毛剤に属され育毛剤よりも効果が緩やかという印象がありますが、このマスターピースは違います。

育毛剤以上の効果に繋がる根拠があることを僕も調べて知りました。

今回はそんなNcPAが中心となるマスターピースの成分からわかる効果を臨床データから検証します。

どうぞ参考にしてみてください。

マスターピースの主成分「NcPA」とは?

NcPA

マスターピースの主成分「NcPA」環状リゾホスファチジン酸(Na)ナトリウムのこと。

「cPA」が環状ホスファチジン酸。

NcPAだったり、cPAだったりよく似た名前ですが、効能は同じ。

育毛の観点では「NcPA=cPA」の解釈で良いでしょう。

そのNcPAはお茶の水女子大学名誉教授・室伏きみ子氏によって1985年に発見された成分で特許も取得されています。

マスターピース・特許

マスターピース以外にもNcPAが配合された化粧品はいろいろありますが、もともとは粘菌から発見された成分。

粘菌って聞き慣れないので意味を調べてみたら

動物的性質と植物的性質を併せ持つ原生動物の一種。変形菌。粘質性のアメーバや胞子などへ、さまざまに変形しながら増殖する。

との情報が。

簡単にいうと、菌類や細菌類の仲間だそうです。

育毛男子
粘菌といえば汚いイメージがあるけど、生体内に存在してることから液体として育毛剤や化粧品で使用しても安全性は高いらしい。

人間の体には微生物がたくさん存在してるからね。

そんな粘菌からNcPAはわずかしか採取できないみたいです。

商品化するには大量に生産しないといけませんから、その辺りに相当な苦労を費やしたんだとか。

もともとNcPAは抗がん剤の研究対象だったそうですが、実験が続けられていくうちにヒアルロン酸が産生されて線維芽細胞の増加がわかっていたそうです。

当時のNcPAは後ほど解説する肌への効果として注目されていました。

肌と頭皮は同じなので、肌に対して良い影響が出る成分から育毛関連の商品が作られることはよくあること。

cPAは水に溶けませんがナトリウム(Na)をつけたことで、水に溶ける成分になったということ。

それが「NcPA」だということですね。

NcPAは「生成期」にアプローチ

人間は誰もがヘアサイクルの構成によって髪の成長が繰り返されますが、主に育毛剤は髪が成長する成長期にアプローチすることによって効果を促します。 

NcPAが斬新なポイントは「生成期」に働きかけるということ。
生成期

マスターピースの公式サイトには「地盤を工事する」といった表現を使っていますが、つまり生成期とは髪の基礎となる周期だということですね。

従来の育毛剤の成分は成長期にアプローチしますが、髪が成長してる周期なので無条件で効果を促してくれるわけです。

生成期においては成長期のように無条件で髪が育つ周期でないことから生成期(地盤)を修正する技術が必要になるわけですね。

育毛男子

【NcPA】
成長期⇒退行期⇒休止期⇒【生成期】⇒成長期

NcPAは生成期にあたる地盤を整えて成長期に繋げてくれるということ。

実際にこれまでの育毛剤で生成期にアプローチする成分はありません。

ヘアサイクルの成長期を延ばして退行期移行を遅延を目的とした成分はありますが、NcPAのようにヘアサイクル周期(生成期)の地盤を整えるといった発想は新しいですね。

NcPAの成分を公式サイトでみる

NcPAの効果【マウスの体毛観点からみたエビデンス】

NcPAの試験例としてマウスを用いた発毛効果の実験が実施されてます。

スコアがこちら

NcPA・マウス01

投与期間24日
投与液量は100μl(0.1mL)/部位
投与回数:1日1回
肉眼観察:5、7、10、13、16、19、22および25日

  • コントロール群:10匹(NcPAを塗布してないマウス)※エタノールと生理食塩液を使用(NcPAの1%水溶液を調製)
  • NcPA投与群:10匹(NcPAを塗布されたマウス)

    マウスの背中全身の毛を剃って「NcPAを塗布したマウスの毛がどれだけ生えたのか?」という観点から実施された実験です。

    上記スコア画像のように19日と25日(投与期間最終日の翌日)で観察されたデータが高値傾向だということで、NcPAに発毛促進作用があることが確認されました。

    そんな全身の毛を剃られたマウスの25日目の写真がこちら(全身剃られた時のマウスの写真ではありません)

    NcPA・マウス

    確かに、NcPA投与群のマウスの方が髪が生えてる範囲や生えてる速度が早いことがわかりますね。

    ただ、僕はマウスの臨床データは信憑性の高いものだとは思っていません。

    生えた範囲が広いので発毛量としては理に適ってるのかもしれませんが、人間の頭皮じゃないということもありますし、体毛を剃った状態からの実験ですからね。

    育毛男子

    このマウスの臨床データは発毛効果を試験したものに違いはないけど、体毛を剃ったマウスじゃなく、禿げたマウスを対象にした実験なら説得力はあるんだけどな。

    マウスを用いた実験だけならNcPAの評価はそこまで高くないのですが、実際に人間の頭皮でも実験されているので続けてご覧ください。

     

    NcPAはミノキシジルの2.5倍の効果で生えた?【人間の頭皮からみたエビデンス】

    NcPAの特許権者のSANSHO株式会社のデータによると、薄毛男性の頭皮が改善に向かっている写真が2015年10月7日の日刊工業新聞に掲載されています。

    その写真がこちら

    NcPA・人体実験

    明らかに頭頂部の変化がわかりますね。

    写真は68歳男性の頭皮ですが、その効果はどうやらNcPAが関係しているとのこと。

    そのNcPAはミノキシジルの2.5倍の効果と言われています。

    僕はミノキシジルと比較されたことが重要なのではなく、ミノキシジルの目的効果は発毛なわけですから、「ミノキシジルと発毛効果を比較したものじゃないと価値は低い」と思うんですよね。

    そんなミノキシジルとNcPAの比較を見てみたら、発毛に繋がる要素があることがわかりました。

    それがFGF-7という成長因子です。

    結論を先にまとめると、ミノキシジルはFGF-7を増加させて発毛を促すわけですが、NcPAによるFGF-7の増加率はミノキシジルの2.5倍だということ。

    ミノキシジルの発毛に繋がるメカニズムは2つ成長因子(血管新生VEGF・発毛促進因子FGF-7)の分泌量増加です。

    ミノキシジルの発毛効果
    ミノキシジルを塗布することで

    VEGF(血管新生)が血管を増やし、毛根部に栄養を届きやすくする
    FGF-7(発毛促進因子)は毛乳頭に発毛司令を送る役割を果たす。

    これがミノキシジルの発毛効果のメカニズムです。

    つまり、NcPAがミノキシジルの2.5倍の意味をまとめると

    育毛男子

    NcPAは毛乳頭から発毛司令してくれるFGF-7がミノキシジルの2.5倍増だから発毛促進効果が高いよ!

    ということなんでしょう。

    線維芽細胞成長因子であるFGFは現在23種類あると言われていますが、中でもFGF-7は発毛促進因子という別称をつけられるほどの高い発毛促進力があると言われていますので、FGF-7の増加率がミノキシジル以上であれば発毛観点の確かなエビデンスといえるのではないでしょうか。

    育毛男子

    デメリットというわけじゃないけど、FGF-7だけの臨床実験のデータはほとんどありません。

    その理由として高価格だったり、安定性の問題で使用期限が限られることからFGF-7を直接使うことが現状は不可能に近いようですね。

    そのため、今回のNcPAのようにFGF-7はいろんな手法を取り入れて実験されてるみたいだね。

    NcPAはミノキシジルの2.5倍の効果

    NcPAの効果【肌観点のエビデンス】

    マスターピースの主成分「NcPA」でも触れたようにNcPAは肌に関するエビデンスがあります。

    「肌=頭皮」なので頭皮に良い影響を与えるということは、髪にも良いということですね。

    育毛男子
    NcPA⇒頭皮の保湿

    NcPAは皮膚の線維芽細胞を利用した実験でヒアルロン酸が増えて、高分子ヒアルロン酸が合成されることがわかっています。

    NcPA・ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸は高分子であればあるほど保湿効果が高いと言われていますので、NcPAによって高い保湿が期待されるわけですね。

    しかも高齢者の線維芽細胞にNcPAを添加すると、若い細胞と同レベルのヒアルロン酸の量が実験で確認されたそうです。

    頭皮にとって保湿は大事!

    頭皮の乾燥は髪の毛にとって悪影響だからこういった肌効果は育毛にとってメリット大!

    育毛男子
    NcPA⇒頭皮環境のためのコラーゲン強化

    コラーゲンは皮膚の水分を保ちながら弾力を与えて細胞を繋ぎ止める役割を持ちます。

    コラーゲンが髪に良いことは有名な話ですよね。

    実験ではNcPAによってコラーゲンが収縮されることがわかっています。

    NcPA・コラーゲン

    つまりコラーゲン繊維と細胞を付着して細胞自体を頑丈にすることで、加齢とともに劣化していく肌を内から支えているコラーゲンを強化するということです。

    コラーゲンを収縮することで、結果的に内側からのアプローチでハリと弾力性のある肌へと導いてくれるわけですね。

    また、NcPAによってコラーゲン繊維の引き締め効果も発表されています。

    NcPA・コラーゲン01

    コラーゲンは体構造の骨格を形づくるタンパク質ですから、骨格強化によってコラーゲン線維の引き締めハリ・弾力の改善へと促してくれるわけですね。

    頭皮環境をよくするのにコラーゲンの働きは必須です!

    育毛男子

    NcPA⇒頭皮の潤い

    人間の体の70%は水と言われていますが、その水はアクアポリンというタンパク質によって細胞の内や外を行き来しています。

    アクアポリン3は肌の表皮に存在しており、肌の水分が通る道。

    NcPAの添加によって、アクアポリン3の発現が確認されています。

    NcPA・アクアポリン3

    アクアポリン3の発現量的に多くの水分が行き渡ることになり、結果的に皮膚の潤い効果の期待に繋がるわけですね。

    頭皮の潤いは髪にも良し!

    育毛男子

    NcPA⇒頭皮の潤いキープ

    NcPAによってセラミドの生成促進と分解抑制効果が実験で明らかになっています。

    NcPA・セラミド

    セラミドといえば外部からの刺激に対してバリア機能の主役的成分。

    乾燥肌にとって最適な成分で頭皮にも同じことがいえますね。

    皮膚表面の水分保持効果が期待できるので、頭皮の潤いキープに繋がるとううことですね。

    育毛男子
    NcPA⇒頭皮の炎症抑制

    NcPAは動物を用いた実験でアトピー抑制効果とダニ誘発アトピー性皮膚炎の炎症抑制が確認されています。

    NcPA・アトピー

    こういった頭皮の炎症しやすい人にもNcPAは適してるということになりますね。

    その他の主成分から期待できる効果

    マスターピースに配合されるNcPAについて詳しく解説してきましたが、他にも「ダマスクローズウォーター」「スペシャルアラビアゴム」「タマネギ根エキス」といった主成分がありますの期待できる効果を見ていきましょう。

    ダマスクローズウォーター

    ダマスクローズウォーター

    他の育毛剤は90%水で構成されていますが、マスターピースは特徴は水は一切使用せず、液体部分は100%成分で構成されています。

    ダマスクローズウォーター01

    その液体成分がダマスクローズ(香り高い高級なバラ)の抽出エキスである「ダマスクローズウォーター」

    ダマスクローズはシャハラン・メスリ氏の強いこだわりから最高級なものになっています。

    本来、バラ水は1:3~5の割合で蒸留され、市場に売り出されてるものは5~25%の濃度らしいです。

    それをシャハラン・メスリ氏はバラの花と水の割合1:1の蒸留から濃度47%のバラ水が完成されたということ。

    高濃度のこだわりから「RW47」と名付けられたわけですね。

    ほんの少し配合しただけで成分記載される商品もありますが、このような明確な割合が表記されているのは安心感に繋がりますね。

    寧ろ、配合割合が記載されてないものは限りなく濃度が薄い可能性があるので。

    そんなダマスクローズウォーターは保湿効果、消炎作用といった髪に必要な頭皮環境を整えてくれる役割を担ってくれます。

    スペシャルアラビアゴム(SAG)

    スペシャルアラビアゴム

    スペシャルアラビアゴム(SAG)はシャハラン・メスリ氏が監修したザ・シャンプーにも配合されてる成分で、宣伝費よりも原料費にかけたことからブランド化に繋がったと本人は語ります。

    昔からイラン南西地域ではアラビアゴム・パウダーが脱毛予防の目的に使われていたそうですが、シャハラン・メスリ氏は高校時代に抜け毛が気になったときに、祖母の提案でアラビアゴム・パウダーに生卵を混入させて塗布してもらったみたいです。

    3回程度で脱毛が止まり、その結果、シャハラン・メスリ氏の髪は太くなって効果を実感したんだとか。

    こういったきっかけから、スペシャルアラビアゴム(SAG)と卵の関係から細胞の活性化に繋がることが確信されたそうですね。

    マスターピースにおいては18種の天然アミノ酸などの育毛成分を加えたものが、スペシャルアラビアゴムになっています。

    外部の刺激(化学成分)に対する頭皮ケア、シャハラン・メスリ氏の経験から髪の成長力にも影響していることも十分に考えられますね。

    タマネギ根エキス

    タマネギ根エキス

    近年、タマネギの発毛促進の研究が進んでおり、タマネギに含まれるアリシンやケルセチン、グルタチオンといった成分が髪に関係しています。

    アリシン⇒血液をサラサラにして血管拡張作用があり、毛根に栄養が行き渡しやすくする
    ケルセチン⇒老化の原因となる活性酸素除去といった抗酸化作用があることから、頭皮の老化防止を目的。
    グルタチオン⇒肝機能を高めて発毛や育毛に必要な栄養素を運ぶため、肝臓を活発化してくれる役割を持ちます。

    米国の国立衛生研究所の研究では円形脱毛症患者にタマネギエキスを塗布した治療実験が実施されています。

    男性16名
    女性7名
    平均22.7歳

    結果、男性の93.7%、女性の71.4%に髪の再成長が見られました。

    こういったデータはタマネギエキスに含まれるアリシン、ケルセチン、グルタチオンが髪の成長に繋がっていることが関係していることが考えられます。

    食べ物に含まれた髪に良い成分を体内から摂取した場合、髪の成長まで運ばれるのに時間がかかりますが、頭皮に塗布することで直接毛根に行き渡るわけですからより効果の期待度は高いといえますね。

    育毛男子

    ただ、このエビデンスは円形脱毛症を対象にした実験。
    薄毛患者に対してのデータではないので、信憑性のレベルでは高くないのかなと。

    5αリダクターゼ抑制成分(AGA対策)

    マスターピースは他にも下記の自然由来の原料が配合されています。

    「アロエベラエキス」「カンゾウ根エキス」「大豆エキス」「キュウリ果実エキス」「グァーガム」「アンマロク果実エキス」「ナツメ果実エキス」

    その中でもAGA対策に繋がる成分が「アロエベラエキス」です。

    薄毛の大半の原因はAGA。

    男性ホルモンの別称になるテストステロンが血流を流れて細胞内に入ると5αリダクターゼという酸素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、このDHTが細胞内の男性ホルモンレセプター(受容体)と結合することで、脱毛因子「TGF-β」を増やし毛乳頭や毛母細胞に脱毛指令が送られて薄毛が進行します。

    これがAGAの仕組み。
    AGA組織図

    対策としては5αリダクターゼ抑制してテストステロンと5αリダクターゼを結びつかないようにすることで、DHTの変換を抑えるということ。

    5αリダクターゼ組織図

    繰り返しますが、マスターピースでいうと「アロエベラエキス」が5αリダクターゼを抑制成分にあたります。

    マスターピースの成分を公式サイトでみる

    副作用は?

    気になるのが副作用の有無ですよね。

    マスターピースは高い発毛促進効果のエビデンスがあるにも関わらず、成分上では化粧品に属されるので、副作用リスクは限りなく低いです。

    即効性の高い医薬品にしても結局は使い続けないと意味がないし、様々な副作用リスクが報告されています。

    何でも使用を止めたら効果が止まるわけですから、継続で考えたら少しでも安心できるものが良いですね。

    マスターピースの評価

    ここまでマスターピース成分をエビデンスを基に解説してきましたが、いろんな評価基準があります。

    まずは一般的な育毛剤の場合、品質基準を満たすように成分を配合し、数カ月で完成させますが、マスターピースは開発にかけた期間はなんと32年!

    どれだけこだわって作られたのかが、よくわかりますね。

    そんなマスターピースの評価をまとめてみました。

    育毛男子

    特許成分配合

    マスターピースの主成分であるNcPAは、2017年に育毛剤としての特許を取得。

    医学博士室伏きみ子氏により発見された育毛成分。

    このNcPAがミノキシジルと比較されたマスターピースのメイン成分に当たります。

    ミノキシジルと発毛効果の観点から比較されているのが大きな差別化ですね。

    育毛男子

    生成期にコミット

    NcPAはヘアサイクル上の生成期に働きかけます。

    上記項目の「NcPAは「生成期」にアプローチ」でも解説しましたが、成長期に働きかけるのは従来の成分ですが、「生成期」に髪の基盤を作ることで良い状態で成長期に移行。

    これは他の育毛剤にはない大きな差別化です。

    育毛男子
    医学博士と農学博士による専門家によるコラボ

    まずは、医学博士と農学博士のコラボで開発されたこと。

    専門家じゃない営業マンが成分の提案をして作られる商品が多い中、マスターピースは医学博士、農学博士といった専門家によって製造されてるわけですから、信憑性の高さに繋がりますね。

    ・お茶の水女子大学学長 医学博士 室伏きみ子氏
    ・東京大学大学院修了 農学博士 シャハラン・メスリ氏
    マスターピース・研究者

    監修したこの2人は凄い経歴がありますが、本編の趣旨とは違うので省略します。

    マスターピースに対するこの2人の役割を僕なりの解釈でいうと

    • 室伏きみ子氏は育毛や頭皮、髪に関して、医学観点からアプローチできる専門家。
    • シャハラン・メスリ氏は実際に育毛剤に使用される植物由来成分の専門家。

    といった印象を受けました。

    品質基準を満たせば簡単に育毛剤が作れる現代において、大学の研究機関を経て、専門ドクターのコラボにより0から開発された育毛剤は、非常に少ないですからね。

    よって、日本最高峰の信頼性を確保した商品になっているということなんでしょう。

    育毛男子

    他の育毛剤は大半が水、マスターピースは100%成分

    一般的な育毛剤の場合、ほとんどが水で構成されています。

    大雑把に言えば、水90%・育毛成分10%のようなイメージです。

    しかし、マスターピースの場合、成分を水で薄めることはありません。

    高濃度のダマスクローズウォーター(後述)を配合し、育毛に働きかける成分100%で構成されているんです。

    これは他の育毛剤にはない差別化になりますね。

    アプローチ法でいうと「マイナスイオン水」を採用しているザスカルプ5.0Cに似ています。

    育毛男子

    原材料を農学博士独自の手法を投入
    マスターピースの原材料は自然由来から厳選されたものですが、農学博士のシャハラン・メスリ氏はその原材料に対して独自のこだわりをもって作られています。

    採集場所、採集時期、抽出方法をシャハラン・メスリ氏の経験から得た知識と技術を使って独自で作られているんだとか。

    詳しい手法は当然書かれていませんでしたが、こういった専門家がいうと説得力があります。

    こういった評価を見ると長い期間かかった理由がわかりますね。

    僕も育毛に関する勉強はしてきましたが、やはり「生成期」にアプローチといった発送はあまりにも斬新でしたね。

    マスターピースの成分から見る効果のまとめ

    マスターピース・成分

    ここまでマスターピースの成分から期待できる効果についてまとめてみました。

    専門家によるコラボで開発されてるだけに成分へのこだわりが強いです。

    個人的に印象に残ったのはミノキシジルとの比較が発毛観点からのデータがあること。

    ミノキシジルは国内で発毛効果が認められていますが、医薬品なので副作用リスクがあります。

    副作用なしで、高い発毛促進効果を期待したい人には適していると思います。

    また通常の水から作られているわけじゃなく、100%ダマスクローズウォーターから構成されてるのも斬新ですね。

    長年かけて作られた理由がこのマスターピースの成分には詰まっているのは間違いなさそうです。

    定期購入なら90日間の全額返金保証がついてますし、よくある回数縛りもないので1回目の使用から解約もできるところが、安心。

    3ヶ月以上は使わないと効果を実感することは難しいといえども、返金保証を考えたら初回は事実上無料なので、気軽に試すことができますね。

    よく読まれてるコンテンツ

    プランテルEX・トップ 人体実験からの薄毛改善データのある主成分「リデンシル」が最高濃度で配合。AGA対策として特許成分「ペブプロミンα」が追加された育毛剤。
    プランテルEXの詳細を詳しくみる
    チャップアップ・トップ安全へのこだわりとAGAに対策された成分数もトップクラス。実際に僕も愛用して効果を実感しています。
    チャップアップを1年使った結果

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA