M字ハゲの初期症状の画像!基準は?生まれつき生え際が薄い人は危険?

M字ハゲ・初期症状・画像・基準・生まれつき生え際が薄い人・危険

今回はAGAでも特徴的なM字ハゲの初期症状について触れて見たいと思います。

そもそも「M字ハゲの基準はどこからなのか?」「生まれつき生え際が薄いんだけど自分は危険なのか?」など気になる方も多いと思います。

AGAの症状は放っておくとどんどん進行していくということもあり、また髪型によってはAGAに気がつくまで時間がかかってしまう場合も珍しくありません。

M字ハゲは非常に特徴的ですし、その症状が目に見えてくる前に事前に対処して置くために知識を身に着けておきましょう。

ということでM字ハゲの初期症状の画像を参考にその基準や生まれつき生え際が薄い人は危険なのかまとめてみました。

M字ハゲの原因

まずはM字ハゲの原因について。

O字ハゲやU字ハゲと共にハゲを大きく分けたタイプの一つとして知られているM字ハゲ。

U字やO字のハゲとは違ってかっこよく見せることもできなくはないですが、それでも本人にとっては大問題ですよね。

一体M字ハゲの原因は何なのか?一つずつ見ていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)

M字ハゲに限らず男性のハゲの原因のほとんどがAGAです。

M字ハゲはAGAのハゲ方のタイプの一つであり、左右のこめかみのあたりから生え際が後退していく形となっています。

実は生え際の部分は頭の前面であるにも関わらず意外と気づきにくかったりするのです。

前髪を下ろしていたり、髪が長かったりしている場合は気がついたらM字ハゲが進行していた・・・なんてことも。

また、生え際は毛細血管が少ないため、治療が難しいとも言われています。

遺伝

薄毛・ハゲは遺伝の影響で起こることもあります。

男性ホルモンのテストステロンと結びついてDHT(ジヒドロステトロン)を生成してしまうのが5αリダクターゼという酵素です。

この5αリダクターゼが活発な因子が遺伝子情報に含まれている場合、結果敵にDHTが多く生成されるようになってしまうわけです。

薄毛の原因は遺伝?ハゲる確率は?遺伝子検査や仕組みについてまとめてみた

2017.10.08

生活習慣の乱れ

薄毛やハゲは頭皮の環境が悪くなり、必要な栄養が行き届かなくなることから起こります。

これらの頭皮環境の悪化を招いているのが、生活習慣の乱れです。

具体的には睡眠不足・運動不足・栄養の偏りなど。

特に若いうちは現代の夜更かしをし易い環境やコンビニなど利用による偏食など、生活習慣が乱れやすい条件が揃っているので注意が必要です。

また社会人になってからは運動不足になる方も多く、肥満による血行不良が頭皮への栄養不足の原因となることもあります。

男性の抜け毛の原因をすべて解説!おすすめの対策方法についても

2017.10.23

喫煙

タバコは当然身体に悪いということはご存知だと思います。

タバコを吸うとタバコに含まれているニコチンやタールが原因で血管が収縮し、血行が悪くなります。

そうなると当然充分な栄養を頭皮に送ることができなくなるので薄毛や抜け毛、ハゲの原因となってしまうわけです。

タバコが原因でハゲるって嘘?抜け毛に影響する因果関係は?

2017.10.13

間違った頭皮ケア

家族で暮らしている場合、市販の洗浄力の強いシャンプーで頭皮の皮脂を洗い流しすぎていたりしませんか?

頭皮の皮脂は頭皮を守るバリアのような役目をしていますので、それを全て落としてしまうと逆に頭皮が危険な状態にさらされてしまいます。

また、シャンプーをする時も爪を立ててゴシゴシと洗ってしまうと頭皮に傷がついたりしてしまうので注意して下さい。

M字ハゲの初期症状って?画像でチェック

M字ハゲの初期症状について、画像も交えてチェックしてみたいと思います。

前述したようにM字ハゲの回復はなかなか厳しいということでも知られていますし、初期症状をしっかりと知ることで早めに対策ができるわけです。

ハゲの初期症状はこめかみから?

M字ハゲ・初期症状
引用元:http://xn--sckxc596wqth3rao02d7f5a.com/

初期の状態は非常に気づきにくい場合が多いです。

髪型により生え際が隠れていたりする場合はなかなか生え際の確認をすることも少ないと思います。

まずは前髪を上げてみて、自分のこめかみに注目してみて下さい。

こめかみの部分が薄毛になっていたり、明らかに地肌が見えて締まっている場合はM字ハゲの初期状態を疑っても良いでしょうね。

また、M字ハゲにかぎらずハゲは頭頂部の薄毛を併発する場合がありますので、こめかみばかりを気にしてしまいがちですが、頭頂部も忘れずに確認することをオススメします。

初期症状から後退

M字ハゲ・症状が進行
引用元:http://goodnewsforbald.com/entry3.html

初期状態からM字ハゲの症状が進行していくと、よりこめかみの薄毛が目立つようになり、生え際の後退が目立つ状態です。

症状が進行していくことで正面から自分の髪型を見たときに生え際がM字になっていることがはっきり確認できます。

M字になっている生え際の部分の髪の毛が側頭部や後頭部の髪の毛と違い、細く弱々しい感じになっていることも多いです。

頭頂部に髪の毛が残ったままM字に後退していくので、見た目的にも他人から指摘されたりすることがあるかもしれません。

この状態にまで進行したらもはやハゲが進行していることは確実ですので、早めの治療をオススメします。

M字ハゲが最終的には・・・

M字ハゲ・最終的
引用元:http://waka-hage.com/3191

M字ハゲの状態が進行していくと頭頂部の髪の毛も抜けていくようになり、おでこから頭頂部への髪の毛は無くなってしまいます。

M字ハゲが進行していく中で、頭頂部がだんだん透けてきたり髪の毛が細く弱いと感じたらほとんどの場合頭頂部のハゲまで進行するでしょう。

このように頭頂部が薄くなってくる前にAGAの専門クリニックなどで治療をしてもらうことをオススメします。

この状態はM字ハゲがかなり進行している状態です。

回復するにはそれなりの時間と労力も必要だということは覚悟が必要でしょう。

M字ハゲの基準はどこから?

M字ハゲの進行について説明しましたが、では実際にM字ハゲと言われる基準はどこからなのでしょうか?

おでこと頭皮の境目の判断

M字ハゲ・おでこ・頭皮・境目
引用元:http://xn--sckxcw21wt19a.com/mji/mji-judg/

一見生え際が後退しているように見えてもそれがハゲであるかどうかの基準は人によって違います。

それは頭皮とおでこの境目が個人差があるからです。

M字ハゲを疑う場合はまず自分の頭皮とおでこの境目をしっかりと確認することが必要となります。

確認するには、鏡の前で眉毛を上下に動かした時にシワができたところまでがおでこです。

この、頭皮とシワの間のラインが指2本分以上入るようであればだんだんと薄毛・抜け毛が進行している状態と見ても良いでしょう。

ハミルトン・ノーウッド分類

ハミルトン・ノーウッド分類
引用元:http://www.jtcma.com/entry9.html


ハミルトン・ノーウッド分類
とは、アメリカのハミルトン医師の原案を元にノーウッド医師がその案を元に開発した分類法です。

画像にあるように耳の一番上から垂直に伸ばした線に対して、M字になっている生え際のラインを測定します。

そのラインの長さが2センチ未満である場合は確実にAGAが進行していると言われるのがこの分類法です。

もちろん2.1センチだったら自分はセーフ!なんていうことはありません。

あくまでも現時点でAGAが進行しているかどうかという基準なので、2.1センチ以上だったからハゲないということではないので注意して下さい。

富士額

富士額
引用元:https://ameblo.jp/chesterblog/entry-10296573670.html

頭の形はもちろんのこと、おでこの形は人によって個人差があります。

M字ハゲが進行していると心配している方もいると思いますが、あなたのおでこはもしかして富士額ではありませんか?

富士額は生まれつきのもので、形はハート型のようなゆるやかなカーブを描いた生え際になっています。

大事なのは富士額は大人になってから突然なるものではなく、また成長するにしたがって富士額になるわけでも無いということです。

富士額はM字ハゲと似ていることもあるので判断基準に迷いますが、自分の小さい頃の写真などがあれば現在の写真と比べてみることで判断ができます。

生まれつき生え際が薄い人はM字ハゲの進行具合は早い?

生まれつき生え際が薄い人も存在します。

中にはもともと額がM字っぽい状態の方もいるでしょうね。

ただ、そういう場合は前述した富士額の場合だったり、髪の毛の生え方が遺伝しただけということも充分に考えられます。

生まれつき生え際が薄いとやはり心配になってしましますが、危険なのは「もともと普通の太さだった髪の毛が細くなってくる」ことであり、元から細い髪の毛の場合は心配はいりません。

もともと髪の毛が細い髪質の人はたくさんいますし、例え細かったりしても必ずハゲるとは限らないです。

大事なことは生活習慣や頭皮ケアであり、自分で頭皮に後天的な影響を与えるようなことをしていないかどうか一度見直してみるのも良いでしょうね。

M字ハゲの対策は5αリダクターゼ抑制が重要

M字ハゲの原因の大半がAGA(男性型脱毛症)ということで触れましたが、対策としてはこのAGAの進行を止めることが重要となります。

AGAの原因は「テストステロン」という別称の男性ホルモンがあり、このテストステロンが「5αリダクターゼ」といった酸素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンに変換されるわけです。

このDHTが毛母細胞に届き「毛髪成長の邪魔をしろ」といった命令をすることで、薄毛の原因に繋がってしまうわけですね。

また、5αリダクターゼには1型と2型に分かれており、1型が「側頭部、後頭部、皮脂腺、全身の皮膚」に存在。2型が「前頭部(M字)、頭頂部、精嚢(せいのう)、前立腺、ひげ、胸毛毛乳頭」に存在しています。

なので、M字においては「2型5αリダクターゼ」が影響していることになりますね。

そういったDHTをに変換させてないためにはテストステロンと結合する「5αリダクターゼを抑制」することで、AGA予防に繋がります。

DHT-01 5αリダクターゼ抑制07

5αリダクターゼを頭皮から抑制するには育毛剤が手軽です。

そこでおすすめするのが「プランテルEX」

プランテルEX09

プランテルEXはリニューアル前からM字ハゲに特化した育毛剤ですが、リニューアル後もM字ハゲに効果的な成分「ペブプロミンα」が配合されています。

ペブプロミンα05

ペブプロミンαは今回説明した5αリダクターゼ抑制効果の代表的成分(ヒオウギエキス、ボタンエキス、ビワ葉エキス)からから合わせて作られてた特許成分。

しかも5α-リダクターゼ阻害率に対してあのミノキシジルの3倍の阻害率のデータがあることから、5α-リダクターゼ抑制に強い成分なのがわかりますね。

M字ハゲ対策の1つとして参考にしてみてください

プランテルEXは効かない?プランテルとの違いを比較してみた!

2018.07.02

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA