17型コラーゲンと育毛・薄毛・白髪の関係!食材サプリで生成は無理

17型コラーゲン・育毛

薄毛の原因の多くはAGA(男性型脱毛症)になりますが、17型コラーゲンの減少によっても薄毛や白髪を引き起こす原因が明らかになっています。

結論をここでいうと

17型コラーゲンは増やすことはできません!

17型コラーゲンを含む食材やサプリもありません!

タイトルの「薄毛・白髪の関係」については17型コラーゲンを維持することで、薄毛や白髪予防から育毛に意味合いです。

またタイトルの「育毛の関係」については17型コラーゲンを維持できる育毛剤「ブブカゼロ」のことを意味します。

答えを冒頭ですべて記載しましたが、各項目に根拠を解説しているので参考にしてみてください。

17型コラーゲンの役割

一般的なコラーゲンは皮膚を作り出すイメージがありますが、17型コラーゲンは細胞をつなぎとめる働きがあり、同じコラーゲンでも役割は全く違います。

17型コラーゲンが髪の毛にとって非常に重要な役割を担っているんです。

まず、17型コラーゲンが存在するバルジ領域。

バルジ領域には「毛包幹細胞」「色素幹細胞」が隣り合わせになっています。

バルジ領域・17型コラーゲン
  • 「毛包幹細胞」は新しく毛髪を作り出す
  • 「色素幹細胞」は色素を作り出して黒い髪を保つ

といったように毛包幹細胞のすぐそばに色素幹細胞が潜んでいることが、東京医科歯科大学の西村栄美教授の発見で明らかになりました。

つまり、17型コラーゲンは2つの幹細胞を維持を手助けする働きがあるということで、結果的に「脱毛」と「白髪」の予防に繋がっているわけです。

逆で言い換えると17型コラーゲンが減少すると薄毛と白髪の原因にもなるということですね。

17型コラーゲン減少で薄毛と白髪の進行に

冒頭でも触れたように17型コラーゲンは加齢とともに減少する一方です。

東京医科歯科大学の西村栄美教授はその後の研究で、17型コラーゲンが減少すると、薄毛や白髪の原因を引き起こすことが明らかになったことも発表されています。

17型コラーゲン減少で薄毛に繋がる理由

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる周期がありますが、このヘアサイクルの中で髪の毛が最も成長する時期が成長期です。

本来、毛包幹細胞はその成長期に毛包が伸びて、毛球部が作られることによって髪が成長します。

ですが、普段の生活から避けることができないのがDNAの損傷です。

誰でも加齢とともにDNAは損傷されると17型コラーゲンは減少していきます。

  1. 17型コラーゲンが減少
  2. 毛包幹細胞が毛包を作ることが妨げる
  3. 髪の成長が止まって脱毛の原因になる

といった流れが、17型コラーゲン減少が薄毛になる理由です。

男性の薄毛はDHT(ジヒドロテストステロン)が成長期の邪魔をしてAGA(男性型脱毛症)に繋がるケースが多いですが、この17型コラーゲンは男女ともに加齢と同時に減っていくのが特徴ですね。

育毛男子
現在も17型コラーゲンを減少させないための薬の研究が進められているみたいだね。

研究結果によって若年者よりも40歳、40歳よりも60歳のほうが毛包が小型化していて、その中の17型コラーゲンも少なくなっているということが実証されているんだとか。

17型コラーゲンは非常にデリケートな成分なんだろうね。

17型コラーゲン減少で白髪増加に繋がる理由

毛包幹細胞は分裂して髪の毛の成長を促すだけでなく、色素幹細胞の維持を手助けする働きもあります。

色素幹細胞は色素を作り出す働きがあり、作り出された色素によって髪の毛が黒く保たれているのです。

17型コラーゲンが減少することで、毛包幹細胞の働きが弱まり、色素幹細胞の維持が難しくなり、色素が作り出されなくなります。

色素が作られなくなるため、髪の毛を黒く保つことができなくなり白髪が増えてしまうことにも繋がるということですね。

フケや垢の増加

薄毛と白髪以外にも17型コラーゲン減少でフケや垢の増加にも繋がる恐れがあります。

17型コラーゲンが減少してしまうと潤いが失われてしまい、頭皮の幹細胞の乾燥が進行します。

乾燥した幹細胞が頭皮からフケや垢が剥がれ落ちることになってしまうということ。

育毛男子
17型コラーゲンはマニアックな存在だけど、新毛と髪色素の元を支えてくれるのなら注目したくなるね。
筋トレも幹となる体幹が大事っていうけど、毛髪においても幹細胞は重要なんだな。

17型コラーゲンを含む食材やサプリはない

コラーゲンのような栄養素は食品やサプリメントのようなもので摂取することができます。

しかし、17型コラーゲンのように基底膜と細胞をつなぎとめている17型コラーゲンのような成分は食べ物やサプリから摂取することはできません。

これは17型コラーゲンが人工的に化学合成できないということも影響しています。

こういった栄養素などは化学合成したものをサプリメントなどで摂取するか、体内で作り出すという必要があるのですが、17型コラーゲンはそのどちらもができないということが判明しています。

繰り返し説明していることでもありますが、17型コラーゲンは加齢やDNAの損傷などによって減少していってしまいます。

つまり、17型コラーゲンは摂取して増加させるのではなく「減少させない」ことを重視しなければいけないということがわかりますね。

17型コラーゲンを育毛剤で維持

食事など体外からの摂取でその数を増やすことができないため、体内に残っている17型コラーゲンを維持するしかありません。

17型コラーゲンを維持するために効果的な成分がマジョラムエキスです。

こちらは紀元前からヨーロッパで薬用のハーブとして使用されてきたものです

元々は血流促進、血圧低下効果などの効果が認められていたのですが、近年研究が進み、マジョラムには17型コラーゲンを減少させない、維持させるという効果が認められてきました。

17型コラーゲンは食べ物から摂取できない成分のためにこうした育毛剤から摂取できるのはとても重要なことです。

マジョラムエキスは17型コラーゲンの生成を促す効果が期待されており、17型コラーゲンを維持するために必要な成分と言えるでしょう。

そこで登場するのが育毛剤「ブブカゼロ」。

ブブカゼロ(BUBKAZERO)は効果ない?成分を徹底レビュー!

2018.08.04

ブブカゼロの口コミ・評判は嘘?2chは?賛否の声からわかった真実

2018.08.08

ブブカゼロは17型コラーゲン減少を抑えるマジョラムエキスの他にも育毛に効果がある他の成分もしっかりと入っています。

ブブカゼロは17型コラーゲン減少を抑えるマジョラムエキスの他にも「M-034」はミネラルを多く含んでいるミツイシコンブから取り出した海藻エキス、「センブリエキス」と「酢酸DL-α-トコフェロール」は血流促進効果がある育毛剤です。

17型コラーゲン減少が薄毛の原因に繋がることも証明されているので、こういった育毛剤で17型コラーゲン減少を抑えながら薄毛予防するのは効率的にも良いですね。

マジョラムエキス成分を公式サイトで詳しくみる

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA