キャピキシルを徹底解剖!ミノキシジルと比較してわかった真実!

キャピキシル・徹底解剖

キャピキシルを徹底解剖!

いろんなスカルプエッセンスに配合されてるキャピキシル。

発毛効果が国内で認められているミノキシジルと比較されることもありますよね。

何せこのキャピキシルは海外で開発された成分なので、不透明な部分も多いのです。

今回はキャピキシルの臨床試験からわかる効果を細かくまとめみました。

育毛男子

この記事からわかること
キャピキシルの臨床試験ではどんな実験が行われたのか?
キャピキシルの期待できる効果
キャピキシルとミノキシジルの比較で誤解されていること
キャピキシル配合のおすすめスカルプエッセンス

キャピキシル最高濃度のスカルプエッセンス

キャピキシルの基本情報

まず、そもそもキャピキシルとは何なのか?その成分について見ていきましょう

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETIC(ルーカスマイヤーコスメティックス)社という化粧品会社が開発した育毛成分です。

AGA治療薬とは異なり、天然由来の成分で合成されたもので、育毛成分としてはかなり画期的な存在として注目されていますね。

キャピキシルを構成している主な成分は2つ。

それがアセチルテトラペプチド-3アカツメクサ花エキスです。

アセチルテトラペプチド-3は非常に強い細胞修復機能を持っているアミノ酸4つで構成されている物質で主に活動が衰えてしまった毛母細胞の復元効果が期待できるわけですね。

アカツメクサ花エキスは、その名の通りアカツメクサから取れたエキス。

もともと薬用ハーブとしてアカツメクサは使われており、薄毛・抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出してしまう酵素・5αリダクターゼの抑制してくれます。

これらの2つが組み合わされて、育毛成分として非常に高い効果のあるキャピキシルとなったわけですね。

育毛男子
ミノキシジルの場合は発疹・かぶれ・動悸など不安な副作用がいくつか報告されていることでも知られていますが、キャピキシルに至っては現在までそういう副作用の報告は全くありません。

ただ、肌が極端に弱かったり、アルコール成分にアレルギーなどがある場合は多少のかゆみなどが出る可能性は気にしておいたほうが良いでしょう。

続いてキャピキシルの臨床データに迫ります。

徹底解剖!キャピキシルの臨床データ

LUCAS MEYER COSMETIC(ルーカスマイヤーコスメティックス)社ではキャピキシルに関する以下の4つの臨床試験を実施。臨床試験の結果、下記4つの効果が期待できるというデータが残されています。

4つの臨床試験において副作用の報告はないため、安全性が高い成分であるとも言えるでしょう。

引用元:キャピキシルの臨床データ 

臨床試験①:休止期の髪の毛を減少、成長期の髪の毛を増加

平均年齢46歳の被験者30人のうち、15人にキャピキシルを塗布、15人にプラセボを塗布して4ヶ月間経過を観察。

キャピキシルを塗布した患者に休止期の髪の毛を減少させ、成長期の髪の毛を増加させるという結果になりました。

・休止期の髪の毛:プラセボ側は平均23%増加、キャピキシル側は平均29%減少
・成長期の髪の毛:プラセボ側は平均2%減少、キャピキシル側は平均13%増加

キャピキシル・臨床試験001

塗布したものの配合成分と臨床試験の結果の詳細は以下の通りとなっています。

・キャピキシル配合育毛剤:キャピキシル5%、アルコール20%、水75%
・プラセボ:アルコール20%、水80%

・髪の毛全体の比率:プラセボ側は33%減少、キャピキシル側は46%増加

キャピキシル・臨床試験002

そんな被験者の頭皮を拡大したものがこちら
キャピキシル・臨床試験005

育毛男子
成長期の毛髪が増加して、休止期の抜け毛が減ることでここまで頭皮の変化に現れるんだな。

臨床試験②:髪の毛の成長率を上昇

キャピキシル・臨床試験003

キャピキシルの構成成分の1つであるアセチルテトラペプチド-3を使用したもの。成長期の毛包を用意し一方にアセチルテトラペプチド-3を塗布、もう一方は何も塗布せずに経過を観察。

8日後、何も塗布していない毛包に比べ、アセチルテトラペプチド-3を塗布した毛包は成長率が35%上昇するという結果になりました。

臨床試験③:5αリダクターゼの分泌を抑制

キャピキシル・臨床試験004

キャピキシルの構成成分の1つであるレッドクローバー抽出物に関するもの。レッドクローバー抽出物を構成するビオカニンAという成分を使用した臨床試験です。

AGA(男性型脱毛症)を引き起こす要因である5αリダクターゼを阻害するEGCGとビオカニンAが比較されています。

その結果、EGCGよりもビオカニンAの方が5α-リダクターゼの分泌を抑制するデータが出ています。

ビオカニンAを塗布した細胞とEGCGを塗布した細胞の2つを用意して1時間培養。その後それぞれにテストステロンを加え、3時間培養した後にテストステロンとAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の数値を測り、5α-リダクターゼをどれだけ抑制したかを測定。

ビオカニンAは5αリダクターゼを64~93%抑制し、EGCGは5α-リダクターゼを5~11%抑制するという結果になりました。

育毛男子

つまり、キャピキシルはAGAの進行も予防してくれることがわかったということ。

臨床試験④:脱毛につながる炎症を予防

レッドクローバー抽出物・キャピキシル・デキサメタゾンの3つの成分を使用し、炎症を抑制する効果を比較。

デキサメタゾンの効果が最も薄く、レッドクローバー抽出物のみよりもキャピキシルの方が炎症を抑制する効果が期待できるという結果になりました。

臨床試験で使用された3つの成分の濃度はそれぞれ以下の通りとなります。

・レッドクローバー抽出物:0.5%と1%
・キャピキシル:0.5%と1%
・デキサメタゾン:1μm

頭皮の細胞の1つである繊維芽細胞に炎症を誘発するIL-8(インターロイキン)を加えたものに、上記3つをそれぞれ塗布し24時間培養。

24時間後の炎症の抑制率はそれぞれ以下の通りです。

キャピキシル・臨床試験007
・レッドクローバー抽出物(0.5%):11%
・レッドクローバー抽出物(1%):20%
・キャピキシル(0.5%):33%
・キャピキシル(1%):48%
・デキサメタゾン(1μm):17%

育毛男子

といったことから、キャピキシルは頭皮環境にも良いとうことが証明されたということ。

キャピキシルとミノキシジルを比較【3倍の効果に誤解あり】

ミノキシジルの3倍の効果が期待できるとされるキャピキシルですが、残念ながらこれは誤解。

臨床試験ではキャピキシルの構成成分であるアセチルテトラペプチド-3の方がミノキシジルよりも効果があるという結果は出たものの、キャピキシルの方が3倍効果があったというデータは残っていません。

毛包の増加に対して、比較されたということです。

毛包(もうほう、英語: hair follicle)は、毛を産生する哺乳類の皮膚付属器官である。 毛の産生には幹細胞が関与している。 毛包のうち、皮膚表面から見ることのできる部分は一般に毛穴(けあな)と呼ばれている。

臨床試験の詳細

臨床試験では以下の条件で成長期の毛包を3つ用意。

・アセチルテトラペプチド-3を塗布した毛包
・ミノキシジルを塗布した毛包
・何も塗布しない毛包

7日後に3つそれぞれの状態を確認したところ、以下のような結果になりました。

キャピキシル・臨床試験008

・アセチルテトラペプチド-3を塗布した毛包:156%毛包が増加
・ミノキシジルを塗布した毛包:52%毛包が増加
・何も塗布しない毛包:変化なし

臨床試験の詳細を見てもらえば分かるように、キャピキシルとミノキシジルの効果を直接比較した臨床試験は行われていません。

臨床試験の結果を見ると、アセチルテトラペプチド-3の方がミノキシジルに比べて3倍の効果があるように感じます。

しかし、臨床試験の結果は何も塗布しない毛包に対する効果を数値化したものであり、アセチルテトラペプチド-3とミノキシジルの効果を直接比べたものではありません。

育毛男子

臨床試験の結果として出た数値だけを見て、キャピキシルはミノキシジルに比べて3倍効果があるという誤解が広まったのではないでしょうか。

あくまでキャピキシルの構成成分であるアセチルテトラペプチド-3がミノキシジルよりも効果があるというデータは間違いではないけど、毛包の増加率だということを理解していく必要があるね。

リデンシルもそうですが、ミノキシジルと比較された成分は基本的には発毛率を比較したスコアではありません。

キャピキシルの配合のおすすめスカルプエッセンス

では、キャピキシルが配合されたスカルプエッセンスの中でもっともおすすめしたいのがこちらのフィンジアです。

フィンジア13
内容量 50ml
有効成分 キャピキシル・ピディオキシジル・センブリエキス・グリチルリチン酸・10種の毛髪成分
定価 12,800円(税込)
定期便価格 9,980円(税込)
返金保証期間 30日間

フィンジアの最安値はこちら

フィンジアの主成分

・キャピキシル
・ピディオキシジル
・カプサイシン

フィンジア・成分

「アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキス」がキャピキシル
「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」がピディオキシジル

キャピキシルとピディオキシジルには臨床データから薄毛改善に繋がる根拠が発表されていますが、よくあるパターンですとその成分の臨床データはあるけど、その育毛剤に対しての臨床データがないものが多いです。

でも、フィンジア自体の臨床データとボストンスカルプエッセンス自体の臨床データがあるのは信憑性となるのではないでしょうか。

実際にフィンジアのみ使用したAGA男性の薄毛が改善されたデータがありますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

フィンジア・臨床試験

フィンジアの臨床試験結果のまとめ!薄毛改善はキャピキシルの効果?

2018年9月1日
育毛男子

このようにフィンジアは育毛効果に特化しているわけじゃなく、AGAに対応できる成分にフォーカスしていることがわかりますのでキャピキシルが配合された育毛剤やスカルプエッセンス選びに迷った場合はフィンジアか間違いないかなと思います。

さらにトウガラシ果実エキス(カプサイシン)の効果により頭皮の毛根が開き、成分が頭皮により浸透するよう働きかけてくれるわけです。

様々な成分を含んでいても、結局頭皮に浸透しなければ全く意味をなさないので、実はこの浸透力の高さはフィンジアの大きな強み・メリットと言えるでしょう。

キャピキシル配合=スカルプエッセンス【化粧品に属される理由】

育毛剤は医薬部外品に属されますが、キャピキシルは厚生労働省から医薬部外品の許可は取れていません。

キャピキシルが配合されたものは医薬部外品に属されないので、必然的に化粧品に属されます。

医薬部外品じゃないと育毛剤と明記されないため、キャピキシルが配合されたものはスカルプエッセンスということになるわけです。

じゃキャピキシルも厚生労働省の認可を申請すればいいのでは?

ってことになりますが、このような許可を得るには5年から10年かかると言われており、国内の臨床データを取るにも相当な費用がかかるそうです。

化粧品に属されることで、厚生労働省の認可した成分以外でも配合が許されているため、スカルプエッセンスは最新の成分が配合できるといった利点があるわけです。

育毛男子

一般的な解釈としては「化粧品は美容なので育毛効果は医薬部外品の方が高い」といった印象がありますが、化粧品だからこそ新たな成分が配合できて医薬品に匹敵する効果が期待できるのがスカルプエッセンスなわけです。

それに厚生労働省が認可されたからといって効果が保証されたわけではありませんし、厚生労働省の認可というのは広告アピールの一環でもあるので、効果を判別する基準にはならないということ。

キャピキシル最高濃度のスカルプエッセンス

まとめ

キャピキシルの臨床データでは薄毛改善効果や頭皮に炎症予防などが証明されているのがわかります。

日本での臨床データがまだまだ不透明でもありますが、キャピキシルが配合されたフィンジア自体に臨床データが実施されて、実際にAGAが改善されているのがであれば信憑性は高いといえるでしょう。

費用が安く、副作用なしで大きな育毛効果を実感したい人にはピッタリな成分ですね。

いろんな賛否の意見もありますが、成分から効果を実感する根拠がキャピキシルには整っています。

クリニックや高い費用をかけて効果がなかった人にとってもキャピキシル配合のスカルプエッセンスは使う価値はあるのではないでしょうか。

キャピキシル最高濃度のスカルプエッセンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

育毛男子

当サイトを運営してる「イクダン(育毛男子)」です。 もともと髪の毛が細く、つむじが2つあってつむじハゲには悩まされてきました。 薄毛や抜け毛で悩む男子のために役に立つ情報を発信していきます。