コーヒーの飲み過ぎはハゲる?それとも薄毛予防や育毛効果になる?

コーヒー・飲み過ぎ・ハゲる・薄毛予防・育毛効果

今回はコーヒーの飲み過ぎはハゲる?という事についてピックアップします。

コーヒーは多くの方が愛飲していますよね。中には毎日飲んでいる方もいらっしゃると思います。

しかし何やらコーヒーの飲み過ぎでハゲるという噂があるようです。

ええっ?毎日飲んでいるけれどハゲてないよ?と思う方も多いはず。

一体コーヒーが頭皮にもたらす効果は何なのか?

また逆に薄毛予防や育毛効果があるんじゃないかとも言われていますし、気になりますね。

そんなコーヒーの飲み過ぎはハゲるという噂に加えて薄毛予防や育毛効果になるのかどうか?まとめてみました。

コーヒーが髪に与える影響って?

コーヒー・影響
まずはコーヒーが髪に与える影響はどんなものがあるのか?

コーヒーを飲むこと髪の毛に影響しそうなものは次の2つです。

カフェインのとり過ぎは危険?

ご存知の通り、コーヒーにはカフェインが含まれています。

また、コーヒーだけでなく、コーラやチョコレートなんかもカフェインが含まれていますが、カフェインのとり過ぎは危険です。

常にカフェインを対象に摂取していた場合、まずはその刺激により副交感神経が刺激されます。

副交感神経が刺激されると毛細血管の働きが悪くなり、体調不良から皮膚に影響を及ぼし、結果として抜け毛に繋がるのです。

また、当然ながらカフェインには覚醒作用があり眠気を飛ばす効果があります。

この為にコーヒーを飲み過ぎるとその覚醒作用によって充分な睡眠が得られなくなってしまうというわけです。

人間にとって睡眠は成長ホルモンが分泌される大切な時間なので、カフェインのとり過ぎは睡眠不足が髪の成長を妨げるとも言われています。

ここで「言われています」と表現したのは、カフェインで睡眠不足になるからハゲるわけではないということです。

睡眠不足になるにはストレスの他にも様々な原因がありますし、必ずしもカフェインをとり過ぎるから睡眠不足になるというわけではありません。

コーヒーは亜鉛を破壊?

次にコーヒーは亜鉛を破壊する?ということについて。

これは正確に言うとコーヒーに含まれているカフェインが亜鉛の吸収を妨げているということです。

亜鉛は髪の毛の主成分であるケラチンを生成する働きがありますので、その亜鉛が不足することは強い髪の毛を作れなくなることに繋がります。

実際、育毛に良いサプリメントとして亜鉛が良く紹介されていますね。

しかし、亜鉛の吸収は確かに妨げられますが、カフェインだけがその原因ではありません。

亜鉛の吸収を妨げる成分は他の食品にもたくさんあります。

・穀物や豆類の製品やインスタント製品に含まれているフィチン酸

・インスタント食品やスナック菓子などに多く含まれるポリリン酸

・チョコやカカオ、紅茶、なす、ほうれん草などに含まれるシュウ酸

さらに身体に必要なものである食物繊維やカルシウムも過剰摂取すると亜鉛の吸収を妨げてしまうのです。

つまり、何でも過剰に摂取することは身体に良くないわけですね。

缶コーヒーはよくない?

缶コーヒー・よくない
朝、自動販売機で缶コーヒーを購入してすっきりとした目覚めを習慣にしている方もいると思います。

しかし実は市販の缶コーヒーに含まれている糖質の割合はかなり無視出来ないほどの容量なのです。

缶コーヒー・よくない
引用元:http://diamond.jp/articles/-/142513

糖質をとり過ぎると血糖値があがると血液がドロドロになり血行不良となります。

血行不良により頭皮に必要な栄養が運ばれなくなることにも繋がり、健康な頭皮の状態を保つことができなくなるわけですね。

頭皮のみならず糖質のとり過ぎは糖尿病動脈硬化などの原因にも繋がります。

どうしても飲みたい場合、缶コーヒーはできれば無糖のブラックを飲むことをオススメします。

コーヒーは薄毛予防や育毛効果あり?

さて、逆にコーヒーは薄毛予防や育毛効果があるんじゃないかとも言われています。

ここまでデメリットばかりを紹介してきましたが、実は意外にも髪の毛に良い影響を与える成分も含まれているのです。

カフェイン

カフェインは何も悪いことばかりではありません

カフェインには血行促進効果があり、身体はもちろん、頭皮にも栄養素を行き渡らせることに繋がってきます。

また、利尿作用もありますので薄毛の原因となるDHT(ジヒドロステトロン)を尿や汗で体外へ排出する手助けもしてくれるのです。

ただし、そういう効果があるからといってカフェインだけを過剰に摂取すれば良いというわけではありません。

何事も適度に摂るのが一番なので、気をつけて下さいね。

クロロゲン酸

コーヒーに含まれているポリフェノールの一種がクロロゲン酸です。

このクロロゲン酸には血行促進作用があり、身体の血行を良くしてくれるわけですね。

もちろん、頭皮への血行が良くなればそれだけ髪の毛の成長に必要な栄養素が行き渡りやすくなります。

また、クロロゲン酸は糖尿病やダイエットにも効果的です。

クロロゲン酸は糖質の分解を妨げ、エネルギー源として血液中に回ること無く排出する作用もあり、さらに脂肪燃焼を促進する作用も持ち合わせています。

なお、クロロゲン酸を摂取するタイミングですが食事の前後、または運動前が良いようです。

ただし前述したようにコーヒーに砂糖を加えるとこれらの効果が薄れてしまいますので、ブラックコーヒーをオススメします。

結局コーヒーは髪に良いの?悪いの?

コーヒー・良い・悪い
では結局のところコーヒーは髪の毛に良いのか悪いのか?

結論としては「良いところもあれば悪いところもある」というのが正しいでしょう。

コーヒーにしても何にしても結局のところ「過剰摂取」に問題がある場合が非常に多いです。

髪の毛に良いと言われている亜鉛でも過剰に長期間摂取すると嘔吐・腹痛・下痢・腎機能障害など様々な弊害があります。

タンパク質ですら摂りすぎるとカロリーオーバーして肥満を招き、果は尿路結石まで引き起こしてしまうのです。

コーヒーに限らず、カフェインは適量摂取することで身体に良い効果はあると見て良いでしょう。

ついつい美味しくて飲みすぎてしまうこともあるかもしれませんが、コーヒーは1日3杯程度を目安に、ブラックで飲むことをオススメします。

まとめ

コーヒーの飲み過ぎはハゲるのか?それとも薄毛予防や育毛効果になるのか?まとめて記事にしてみました。

コーヒーに含まれているカフェインは集中力を上げる効果もありますので、ついついデスクワークなどが中心の人は飲みすぎてしまう傾向にあるかもしれません。

実際、管理人もコーヒーは好きなので常にそばに置いておきたいという気持ちがあります。

ただ、何事もやはり適量が一番なんですね。

1日あたりの分量はしっかりと決めて摂取することで、より良い効果を得られるようですし、今までコーヒーが苦手だった方もぜひ試してみてはいかがでしょうか?

【育毛剤・育毛シャンプー・育毛サプリ】のランキング記事は下記バナーをクリック!

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA