ボストンスカルプエッセンスとフィンジアを比較!濃厚成分同士の対決

ボストンスカルプエッセンス・フィンジア

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアを比較!

どちらも「キャピキシル」と「ピディオキシジル」がメイン成分ということ似た者同士のスカルプエッセンスです。

僕自身もこの2つを使ってみて思ったのが、メイン成分が同じでも異なるポイントは結構ありましたね。

そこで、ボストンスカルプエッセンスとフィンジアを「成分から見る効果」「浸透力」「使用感」「代表的な口コミ」「価格・返金保証」の観点から比較してみました!

「ボストンスカルプエッセンス向きの人」と「フィンジア向きの人」を分けてみましたので、どちらを使ってみようか考えている人の参考になればと思います。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの比較【成分から見る効果】

まずは双方の成分目線での効果を比較してみました!

ボストンスカルプエッセンスの主成分

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル
  • フラーレン
  • オレアノール酸
  • 活性因子

ボストンスカルプエッセンスは生え際に効果的?体験談と一緒に解説

2017.12.16
フィンジアの主成分

  • キャピキシル
  • ビディオキシジル
  • カプサイシン

フィンジアがM字ハゲ・頭頂部に効果的な理由!実際に使ってレビュー

2017.11.20

共通している成分は「キャピキシル」「ピディオキシジル」

互いに臨床試験も実施されており、キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」といった成分からできており、臨床試験からもAGA患者の薄毛改善が報告されています。

また、アカツメクサ花エキスに含まれる「ビオカニンA」がAGA対策となる、5αリダクターゼ抑制効果があることも臨床データからあるわけですね。

つまり、薄毛の最大の敵であるDHT(ジヒドロテストステロン)が毛母細胞に攻撃して髪は薄毛になるのですが、ビオカニンAはそれを食い止める効能があるということ。

キャピキシルの臨床データ

ピディオキシジルはヘアサイクルの成長期を安定させて髪の成長を安定されることが目的とされており、マウス実験での毛髪増量、真皮の成分を作り出す線維芽細胞の阻害率がミノキシジル以上のデータがあります。

ミノキシジルとの比較対象が線維芽細胞の阻害率となっていますが、簡単にいうと頭皮のあえて炎症させてピディオキシジルとミノキシジルのどちらが炎症を抑えたか?というポイントで比較した結果、ピディオキシジルの方が頭皮の炎症を抑えたということ。

ピディオキシジルの臨床データ 

ボストンスカルプエッセンスには、エイジングケア成分として、フラーレンとオレアノール酸が配合されています。

さらにこれらの吸収を高めるために活性因子が配合されると髪の成長を促進させる独自の配合が特徴的。

フィンジアは頭皮に与える独自の理論であるゲートアクセス理論を採用、カプサイシンを配合しています。

もちろん、それ以外にも毛髪に有効成分を配合しています。

双方ともに、キャピキシルの配合量は5%と同じです。

しかし、ピディオキシジルに関して、フィンジアは2%であるのに対して、ボストンスカルプエッセンスは1.5% (以前の公式ホームページに記載あり)です。

育毛男子

成分の総合評価についてはどちらも高濃度なので甲乙つけがたいけど、強いて言えばフィンジアに軍配!

フィンジアの最安値はこちら

ボストンスカルプエッセンスは初回980円

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの比較【浸透力】

2つ目に、双方の浸透力を比較してみました。

ボストンスカルプエッセンスにはフラーレンが配合されています。フラーレンって聞いたことがある人が多いと思いますが、このフラーレンを発明した人はノーベル化学賞受賞しています。

フラーレンはカーボンを60個も組み合わせてできているため、物質的に非常に安定している構造。

その特性を頭皮にも応用し、頭皮への浸透力を高くしてくれます。さらに、このフラーレンは抗酸化能力が高く、育毛効果が認められており、これがボストンスカルプエッセンスの特徴の1つといえるでしょう。

一方のフィンジアも浸透力を高めるに、独自のゲートアクセス理論を採用しています。

唐辛子エキスのカプサイシンが、固く閉じている頭皮を柔らかくして、それにより毛髪成分のキャピキシル、ピディオキシジルを中心とした成分の浸透力を高めてくれることが目的。

辛いカプサイシンを食べると汗腺が開いて、汗がどっと吹き出す、理論を応用して、浸透力を高めるということ。

どちらも、キャピキシルとピディオキシジルを配合し、それを独自の理論で浸透力アップをさせていることが特徴。

育毛男子

こちらも甲乙つけがたいところなので、浸透力は五分!

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの比較【使用感】

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの使用感には決定的な違いがあります。

ボストンスカルプエッセンスはスポイトタイプ

ボストンスカルプエッセンス・使用量

フィンジアはスプレータイプ

フィンジア12

ボストンスカルプエッセンスの液体はドロドロ

ボストンスカルプエッセンス03

フィンジアの液体はサラサラ

フィンジア・使用感

メイン成分はよく似た同士のスカルプエッセンスですが、こういった使用感については180度違うことが2つの決定的な違いなのかなと思います。

塗布した感覚の爽快感はどちらも程よい感じですね。

香りに関してはフィンジアはほぼ匂いはしませんが、ボストンスカルプエッセンスはメントールにアロマの香りが混じったような感じです。

なので、成分を調べてどちらを購入しようか迷ってる人の判断基準がこの使用感に当てはまる部分は多いかもしれませんね。

あとはスプレータイプのフィンジアに対してボストンスカルプエッセンスはスポイトタイプなので一回の使用量を正確に使えるメリットがあります。

好き嫌いが分かれるところなので、どちらが良いという比較ではないかなというところ。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの比較【口コミ評価】

3つ目に口コミ評価を比較しています

【ボストンスカルプエッセンス】

icon_4b_96 5ヶ月で効果を実感しました

半年ほど違う育毛剤を使っていたのですが、薄毛治りませんでした。そこで、ボストンスカルプエッセンスに変えてみたのですが、5ヶ月位で髪の毛が増えてきたことを実感しました。本当に、ボストンスカルプエッセンスに変えてよかったです

44歳・男性
icon_4b_96 髪に弾力感が出ました。

20代後半からてっぺんが薄くなっていました。そこで、ボストンスカルプエッセンスを使って頭皮が健康的になって、髪に弾力が出たような感じがします。これまで買っていた育毛剤は水のような感じでしたがボストンが違いますね。もっと早く使っていればと思っています。

33歳・男性
icon_4b_96 香りが気になります

効果はあると思ってます。

一方で独特な香りが気になります、周りの人に気になってる人がいるんじゃないかと不安です。ただし、妻は気にならないと言ってますし、1時間も経てば臭いはほとんどなくなってはいるので大丈夫だと思うのですが、、

41歳・男性

多くの人が、育毛効果を確認できています。育毛に効果的な成分が入っているからと考えられます。

一方で、使い勝手や匂いについては、賛否両論あるようですね。

ボストンスカルプエッセンスの口コミ(2ch含む)からわかった真実

2018.09.12

【フィンジア】

icon_4b_96 確実に変化を感じます

使い始めて3ヶ月半ぐらいして効果を実感しました

6ヶ月目で確実に変化を感じます。使用感も非常に良いので気になってます

44歳・男性
icon_4b_96 髪型の幅が広がりました

フィンジアを使いだして髪が若返りました。

髪型の幅広くなって楽しくなりました

以前は別の薬を使って体調が悪くなったのですが、フィンジアは問題ないです。

43歳・女性
icon_4b_96 手遅れかもしれません。

10ヶ月ぐらい使用したのですが、特に効果は感じません。

薄毛の進行が激しくなっているのか、発毛剤じゃないと効果を実感しないのかもしれません。

以前にミノタブを飲んで副作用があったのでできれば副作用がないもので対策したいとは思っていますが、、

31歳・男性

フィンジアの口コミ・評判(2ch・5ch含む)からみえた真実

2017.11.23

フィンジアも多くの口コミで育毛効果があることを確認できます。

また、使い勝手はいいと言う人も多いのですが、人によっては垂れやすいといった評価もありました。

どちらのスカルプエッセンスとも、効果がないと言う口コミもあります。

ただし、当然全ての人に合う育毛剤やスカルプエッセンスは無いと言うことと、何より育毛効果は数ヶ月は必要で1ヵ月ぐらいでは通常効果はないこと、また薄毛の進行が激しい人には副作用を承知で医薬品を使う方が良いかもしれませんね。

育毛男子

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの口コミも五分だな

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアの比較【価格と返金保証】

4つ目に価格返金保証期間を比較してみました。

楽天やアマゾンなどの通販サイトでも購入可能ですが、コスト面も含めて最もおすすめは公式サイトです。

通常価格 定期コース 返金保証期間
ボストンスカルプエッセンス 9,800円(税抜) 初回980円(税抜)2回目以降8,800円(税抜) 45日
フィンジア 12,000円(税込) 9,980円(税込) 30日

ボストンスカルプエッセンスの初回980円は恐るべき価格ですね。

初回価格と2回目以降を比較しても価格的にはボストンスカルプエッセンスの方が安いですね。

あと返金保証についてもボストンスカルプエッセンスの方が15日間長いので価格と返金保証はボストンスカルプエッセンスに軍配が上がりますが、ボストンスカルプエッセンスは定期縛りが3回分あって、フィンジアには定期縛りはありません。

なので、表面上の価格はボストンスカルプエッセンスが安くみえますが、解約前提で考えたらどちらもどちらも変わらないかなといった印象があります。

ちなみ返金保証の条件はともに定期コースの初回分のみ。

育毛男子
ボストンスカルプエッセンスは初回が980円で三回分の定期縛りがあるのなら980円+8,800円+8,800円=18,580円(税抜)

フィンジアは定期縛りなしで、いつでも解約OK

この判断は難しい。ずっと使っていくのならボストンスカルプエッセンスがお得だけど、3ヶ月以内で解約する場合はフィンジアの方が結果お得になるね。

フィンジアの最安値はこちら

ボストンスカルプエッセンスは初回980円

【比較結果】

ここまで5つの視点からボストンスカルプエッセンスとフィンジアを比較しましたが、まとめるとこのような結果となりました。

【成分から見る効果】⇒フィンジア

【浸透力】⇒五分

【使用感】⇒五分(好き嫌いが分かれる)

【口コミ評価】⇒五分

【価格・返金保証】⇒使い続けるならボストンスカルプエッセンス、3ヶ月以内で解約するならフィンジア

どの比較も甲乙つけがたくほぼ互角といっても良いくらいなので、使用感の好き嫌いがポイントになるのかなと思いました。

成分も浸透力もどちらも優秀なスカルプエッセンスです。

あとは好み次第という結論になりました。

参考になれば幸いです。

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA