育毛サプリが向いている人と向いていない人の違いを検証してみた!

育毛サプリ・向いてる

育毛サプリは体内から摂取するものなので、頭皮だけではなく体全体への栄養補給にも繋がることがメリットです。

そもそも育毛サプリってどんな効果が期待できるのか?を誤解されてる人もいるかと思うので今回は育毛サプリから期待できる効果をまとめながら育毛サプリが向いている人向いていない人を検証してみました。

これから育毛サプリを試そうとしてる人の参考になればと思います。

まず、育毛サプリで知っておくべきこと

まずは、育毛サプリについて知っておくべきことをまとめておくとこのようなことが挙げられます。

育毛サプリは健康食品

育毛サプリは、不足しがちな栄養素を補うための「健康食品」です。

「医薬品」ではありません。

医薬品とは、厚生労働省により治療効果が科学的に認められたもので体に負担をかける成分が含まれているため、副作用のリスクがあります。

育毛サプリは、医薬品のような治療効果は期待できませんが、体に負担をかける成分は含まれていません。

よって、副作用のリスクが低く、安全性が高いと言えますね。

育毛男子

もちろん、アレルギーリスクが0ではないので、用量は守り、過剰摂取等は控えましょう。

育毛サプリは、髪が育ちやすい環境を整えるために、不足している栄養を補う役割を果たします。

つまり、目的としては育毛サポートということであくまでも、頭皮・髪の毛を健康に保つための栄養補助食品だということ。

生活習慣や食生活が乱れていては、サポートの意味が薄れてしまいますので、育毛対策を始めるなら、サプリを飲む前に、生活習慣の見直し・改善を図ることが大事になります。

育毛サプリに即効性はない

育毛サプリは、医薬品のような即効性は期待できません。

もちろん個人差があり、1ヵ月で実感できる人もいれば、半年で実感できる人、1年後にようやく実感できる人もいるでしょう。

場合によっては、サプリを継続しても、効果を感じられない人もいるかもしれません。

即効性のある「薬」ではなく、あくまでも栄養補助食品だということを忘れないでください。

育毛男子

ただ、内服タイプで代表的なミノキシジルタブレットやプロペシアがあるけど、同時に多毛症や男性機能に栄養を及ぼす副作用が報告されているため、即効性がない育毛サプリで対策する人も数多くいるのも事実。

育毛サプリで髪は生えない

上記の「育毛サプリは健康食品」の項目でも触れましたが育毛サプリは「医薬品」じゃないので、新しく髪が生えてくる根拠はありません。

つまり、発毛効果が国から認められてないということ。

繰り返しますが、育毛サプリの役割は、不足している栄養素を補い、髪が育ちやすい環境を整えることを目的としているので、髪を生やしたいという目的で育毛サプリを愛用するのは趣旨が異なります。

とはいっても育毛サプリには男性の薄毛の大半につながるAGA対策に必要な成分が含まれてることが多く、将来の薄毛予防に適してる根拠が整っていますのでこちらの育毛サプリを参考にしてみてください

育毛サプリが向いている人【メリット観点】

育毛サプリが向いている人は、以下に該当する人です。

  • まだ薄毛が進行していない人
  • 育毛男子
    育毛サプリは、今生えている髪にアプローチするもの。

    そのため、まだ薄毛がそこまで進行していない段階の人に向いています。

    最近薄くなってきた、ボリュームが減ってきた気がする人におすすめですね。

  • 副作用のリスクを避けたい人
  • 育毛男子
    医薬品(ミノキシジルタブレット、フィナステリド、デュタステリド等)には、副作用のリスクがあります。

    例えば、デュタステリドには、このような副作用があるとされています。

    “重大な副作用として、肝機能障害・黄疸が記載されている。男性型脱毛症の第II/III相国際臨床試験での副作用発現率は17.1%で、主な副作用は勃起不全(4.3%)、リビドー減退(3.9%)、精液量減少(1.3%)であった。”

    出典:Wikipedia

    一方で、育毛サプリの場合、そういった副作用のリスクはありません。

    安全性を求めるなら、サプリを選ぶべきでしょう。

  • 体調面に不安がある人
  • 育毛男子

    上記の通り、医薬品の場合、体に大きな負担がかかります。
    心臓や肝臓が弱い人、不整脈の人、体の弱い高齢者等には向いていません。

    育毛サプリは、不足している栄養素を補う健康食品でしたね。
    そのため、体調面に不安がある方でも、安心して摂取することができます。

  • 育毛剤だけでは効果がなかった人
育毛男子
すでに育毛剤を使用しているけれど、効果をあまり実感できない人も多いと思います。

健康な頭皮を保ち、髪が成長しやすい環境を整えてくれるのが、育毛サプリ。
よって、サプリを併用することで、育毛剤の効果がより発揮されやすくなるかもしれません。

育毛サプリは、育毛剤の補助的存在にもなれるんですね。

育毛サプリが向いていない人【デメリット観点】

育毛サプリが向いていない人は、以下に該当する人です。

  • すでに薄毛が進行している人
  • 育毛男子
    育毛サプリには、発毛効果はありません。

    不足している栄養素を補う役割がメイン。

    よって、すでに薄毛が進行している状態の人にとって、サプリは不十分。

    サプリで髪が育ちやすい環境を整えつつ、育毛剤も併用することをおすすめします。

    また、さらに薄毛が深刻な場合は、医師の診断を仰ぎ、医薬品を考えてみましょう。

  • 体質に合わない人
  • 育毛男子

    育毛サプリは、髪が育ちやすい環境を整えるだけの健康食品。
    医薬品とは違い、副作用のリスクは低く、体にかかる負担も小さいです。

    しかし、アレルギーリスクが0というわけではありません。

    もし、体質に合わない場合は、サプリも控えたほうが賢明かも。

  • 早く効果を実感したい人
育毛男子

上述しましたが、育毛サプリは、医薬品のような即効性は期待できません。

薬ではなく、あくまでも栄養補助食品だから。

効果を実感できるまでに、数カ月、遅い人1年以上かかる可能性もあるでしょう。

髪を生やすことが目的じゃないので、目に見えた効果がわかりにくいかもしれない。

そのため、即効性を求める場合、育毛サプリは向いていません。

最もおすすめしたい育毛サプリ

以上を踏まえた上で、最もおすすめしたい育毛サプリは「ボストンサプリ」です。

ボストンサプリ・レビュー

育毛サプリの中でも高い人気を誇り、抜け毛対策に定評がある商品。

髪が育ちやすい環境を整えるのに最適な4つの成分が、バランス良く配合されています。

  • ノコギリヤシ
  • 亜鉛
  • イソフラボン
  • コラーゲンペプチド

ボストンサプリの主な目的としては5αリダクターゼ抑制の期待があること。

頭皮に多く存在する酵素「5αリダクターゼ」と、男性ホルモンの一種「テストステロン」が結びつくと、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質に変化します。

DHT-04

このDHTは、髪の成長を邪魔する成分で、薄毛・抜け毛の最大の原因とも言われていることは有名な話。

5αリダクターゼに働きかけ、DHTの生成を抑制するために開発された薬が、プロペシアでそこに含まれる主成分「フィナステリド」から強い副作用のリスクも報告されています。

その点、ボストンサプリは副作用リスクが極めて低くDHTの生成を抑制してくれる効能があるのは魅力的ですね。

ボストンサプリに含まれるヤシ科の植物ノコギリヤシは、副作用がないにもかかわらず、同じように、DHTの生成を抑える効果の期待があります。

5αリダクターゼ抑制08
育毛男子

DHTはテストステロン(男性ホルモン)と5αリダクターゼが結合して変換される強力な悪玉の男性ホルモン。

テストステロンと5αリダクターゼの結合を防ぐには5αリダクターゼを抑制することが大事。

この流れからDHTの生成を抑制してくれるということ。

亜鉛に関しても、5αリダクターゼの分泌を阻害し、DHTの生成を抑制する効果があるとの研究結果が出ています。

亜鉛は、髪そのものの健康維持に欠かせない必須ミネラルの一つでもありますね。

また、奈良医科大学と奈良大学の共同論文で、イソフラボンがDHTレベルを低下させることも明らかになりました。

コラーゲンペプチドは、コラーゲンをペプシンという酵素で分解し、小さくしたもの。

体への吸収性が高く、血管の硬化を防ぐ作用があります。

そのため、血行が促進され、頭皮へ栄養を運搬しやすくなり、髪が育ちやすい環境を整えてくれる期待があるわけですね。

副作用のリスクを避けながら、手軽に育毛対策をしたい人に、とてもおすすめです。

僕もボストンサプリのヘビーユーザーとして詳しくレビューしているので参考になればと思います。

ボストンサプリを長年愛用中の僕が詳しくレビュー! 

育毛サプリが向いている人と向いていない人のまとめ

いかがでしたか?

今回は育毛サプリが向いている人と向いていない人の違いについてまとめてみました。

僕も育毛サプリ(ボストンサプリ)を長年愛用して手放せないレベルになっていますが、薄毛改善というよりも薄毛の進行を遅らせるといった将来の薄毛予防対策に向いているのかなと。

医薬品の内服タイプはとくに副作用リスクが高いことが事例でわかっているので、飲むタイプで育毛対策するなら医薬品よりも育毛サプリをおすすめしたいですね。

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA