キャピキシルが配合された育毛剤比較ランキング!発毛効果や副作用は?

キャピキシル・育毛剤・ランキング

今回はキャピキシル配合の育毛剤比較ランキングをピックアップ!

話題の成分であるキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるとも言われており、さらに成分は天然由来のものなので副作用の心配もほとんどないという大変優秀な育毛成分。

キャピキシルを配合している育毛剤は現在多数発売されていますが、同じキャピキシル配合でもその他の成分は色々と違うのでキャピキシルの育毛剤なら何でも良いというわけでもありません。

そんなわけで、キャピキシル配合の育毛剤を自腹購入して効果を比較ランキングしてみました!

>>キャピキシル配合の育毛剤比較ランキングはこちら!<<

キャピキシルの成分とは?

まず、そもそもキャピキシルとは何なのか?その成分について見ていきましょう

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社が開発した育毛成分です。

AGA治療薬とは異なり、天然由来の成分で合成されたもので、育毛成分としてはかなり画期的な存在として注目されていますね。

キャピキシルを構成している主な成分は2つ。

それがアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスです。

アセチルテトラペプチド-3は非常に強い細胞修復機能を持っているアミノ酸4つで構成されている物質で主に活動が衰えてしまった毛母細胞の復元効果が期待できるわけですね。

育毛男子05
育毛成分は日々研究されて
新しい成分が開発されている!


アカツメクサ花エキスは、その名の通りアカツメクサから取れたエキス。

もともと薬用ハーブとしてアカツメクサは使われており、薄毛・抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出してしまう酵素・5αリダクターゼの抑制してくれます。

これらの2つが組み合わされて、育毛成分として非常に高い効果のあるキャピキシルとなったわけですね。

キャピキシルの発毛効果と副作用を検証

ではそのキャピキシルは発毛効果や副作用はどうなのか?検証してみました。

まずはその発毛効果。

キャピキシルを構成している成分の一つ、アセチルテトラペプチド-3は前述したように細胞を修復する働きがあります。

この細胞修復効果により、毛母細胞の発毛を促してくれるというわけです。

また、毛乳頭を強くしてくれる効果や炎症による損傷も修復。

髪の毛の成長の助けとなり、毛髪環境の改善が期待でき、さらにはアカツメクサ花エキスに含まれているビオカニンA

これはいわゆるイソフラボンと呼ばれるもので、5αリダクターゼを抑制してくれる効果があって5αリダクターゼが抑制されると結果的に薄毛・抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が減少しますので脱毛をしっかり防いでくれるのです。

アセチルテトラペプチド-3が髪の毛の成長を促し、アカツメクサ花エキスが抜け毛を防ぐ、この2つの相乗効果により高い発毛効果が得られるのが魅力的といえるでしょう。

そして副作用について。

このキャピキシルを構成しているアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスはどちらも天然由来の成分です。

言い換えればアミノ酸と植物由来の成分なので人体に刺激のあるような物質では無いということ。

ミノキシジルの場合は発疹・かぶれ・動悸など不安な副作用がいくつか報告されていることでも知られていますが、キャピキシルに至っては現在までそういう副作用の報告は全くありません。

ただ、肌が極端に弱かったり、アルコール成分にアレルギーなどがある場合は多少のかゆみなどが出るという可能性は気にしておいたほうが良いでしょうね。

キャピキシルの育毛剤ランキング

では、キャピキシルが配合された育毛剤ランキングとしてそれぞれの特徴をまとめました。

いずれもキャピキシル配合という点は代わりませんが、それ以外にどのような有効成分を含んでいるのかそれぞれ特徴が異なりますの参考にしてみてください

1位:Deeper3D

Deeper3D・口コミ
内容量 60ml
有効成分 キャピキシル・リデンシル・モンゴロイド三大伝承成分・8種の成長因子
定価 14,850円(税込)
定期便価格 14,100円(税込)
返金保証期間 10日間

【メリット】

Deeper3Dのメリットは何といっても普通では使えないような成分が多数含まれている点。

キャピキシルはもちろんのこと、毛母細胞を作るバルジ領域に働きかけて高い育毛効果が期待できるリデンシルを5%と限界濃度まで含み、さらに頭皮の環境を大きく改善してくれるモンゴロイド三大伝承成分も含んでいます。

そしてさらに8種の成長因子(グロースファクター)も配合され、成分だけで見ればこんなに凄いものを配合している育毛剤はそうそうありません。

貴重な成分を多数配合しているのが大きなメリット!


ここまでの成分を家庭用の育毛剤で使用できるということは凄いことです。

おそらく他の育毛剤と比べてもここまでのものを一つの育毛剤に配合しているようなものは無いですね。

【デメリット】

非常に貴重な成分を多数含んでいるDeeper3Dですが、その分やはり価格面では他の育毛剤と比べてかなり高めです。

ただ、後述の価格比較でも触れていますが長期間続けて使えば最終的に9本目以降は10,000円弱での購入が可能となります。

価格は気にしない、とにかく凄い成分を試してみたいという方は間違いなくDeeper3Dがおすすめですが、予算も考えたい方はDeeper3Dの価格はある意味デメリットに値するでしょうね。

Deeper3D

>>Deeper3Dの詳細

>>Deeper3Dを実際に使って詳しく解説<<

2位:ボストンスカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンス05
内容量 60ml
有効成分 キャピキシル・ピディオキシジル・ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1・ビオチノイルトリペプチド-1・フラーレン・オレアノール酸
定価 10,584円(税込)
定期便価格 9,504円(税込)
返金保証期間 45日間

【メリット】

育毛成分キャピキシルとピディオキシジルに加えて、ノーベル賞受賞の成分フラーレン、そしてオレアノール酸成長因子も含んでいるのがボストンスカルプエッセンスです。

特にこのノーベル賞受賞成分のフラーレンは凄いところだらけとなっています。

何しろビタミンCの172倍もの抗酸化作用に加え、その効果が8時間以上も続くというだから驚きです。

また、液体は若干のとろみがついているのでおでこや生え際に塗布した時も垂れてくるようなことを心配しなくて良いのは嬉しいところ。

育毛男子01
生え際に塗りやすく垂れてこないのは使いやすいね!


返金保証に関しても45日と他の育毛剤に比べて期間が眺めなのもありがたいですね。

今までの育毛剤で効果が無かった方もぜひ試してみる価値のある製品なんじゃないでしょうか。

【デメリット】

ボストンスカルプエッセンスはスポイトタイプの育毛剤ですが、実際に使ってみても使いにくさなどはあまり感じません。

ただ、それが若干面倒だと思う方にとっては少しデメリットに繋がるかもしれないですね。

また、スポイト式は使い方によってはスポイト部分に雑菌などが付着しないとも限らないので、使い方には気をつけたほうが良いかと思います。


>>ボストンスカルプエッセンスの詳細

>>ボストンスカルプエッセンスを実際に使って詳しく解説<<

3位:フィンジア

フィンジア13
内容量 50ml
有効成分 キャピキシル・ピディオキシジル・センブリエキス・グリチルリチン酸・10種の毛髪成分
定価 12,800円(税込)
定期便価格 9,980円(税込)
返金保証期間 30日間

【メリット】

育毛成分・キャピキシルに加えてピディオキシジルも配合。

M-034エキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスなど効果の高い育毛成分もしっかりと含んでいます。

さらにトウガラシ果実エキス(カプサイシン)の効果により頭皮の毛根が開き、成分が頭皮により浸透するよう働きかけてくれるわけです。

様々な成分を含んでいても、結局頭皮に浸透しなければ育毛剤は全く意味をなさないので、実はこの浸透力の高さはフィンジアの大きな強み・メリットと言えます。

カプサイシンによる成分浸透率の高さは
フィンジアの大きなメリット!


また、フィンジアの内容量は50mlです。

その為にちょっと使いすぎるとすぐなくなってしまうイメージですが、気になる部分にだけのプッシュであれば2ヶ月持たせることも可能です。

もちろん、副作用などはほとんどありません。

【デメリット】

ただ、スプレータイプの育毛剤の為に仕方ないのですが、液体がかなりサラサラしているのでおでこや生え際の辺りにつけたときに垂れてくる可能性はあります。

正直、デメリットらしいデメリットはフィンジアにはそれ以外は感じませんね。


>>フィンジアの詳細

>>フィンジアを実際に使って詳しく解説<<

キャピキシルとミノキシジルを比較

発毛成分のミノキシジルはいわゆる発毛剤です。

その高い効果の反面、かゆみや発疹・動悸などの副作用などが起きることでも知られています。

育毛剤は短い期間では効果が実感できませんし、長期間使うとなるとこういった副作用が含まれているとやっぱり使う方も心配になるのはしょうがないですね。

しかしキャピキシルに至ってはミノキシジルと違い、副作用の心配は全くありません。

そしてキャピキシルの発毛効果はミノキシジルの3倍という実験結果が出ているということもキャピキシルが注目されている原因です。

ただ、3倍といっても単純に3倍の効果があるというわけではなく、あくまでも

「ミノキシジルとキャピキシルを同じ条件で培養された細胞組織の発毛反応が3倍得られた」

という開発会社の結果のみで、他の育毛成分にあるような医学的な論文などは発表されたりしていません。

また、ミノキシジルとキャピキシルでは厳密には頭皮への作用する点が違うので単純に比較はできないものです。

◆ミノキシジル

毛細血管を拡張して血液の循環を改善し、毛母細胞を活性化させる

◆キャピキシル

薄毛・抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を現象させ、弱った毛母細胞を復元して発毛を促す

このように、キャピキシルにはミノキシジルと違い脱毛を防ぐ効果と毛母細胞を復元する効果の両方が期待できる為、ミノキシジルよりも高い効果が期待できると言われるのも納得がいきますね。

しかしどんな育毛成分も人によって効果には個人差があります。

ミノキシジルの発毛効果も非常に強いものがありますので、一概にキャピキシルのほうが全て勝っているとは言えません。

確かに副作用の心配がほとんどないキャピキシルは魅力的ですが、ミノキシジルの高い発毛効果も副作用が懸念されるとは言え、試してみたい方もいるでしょうね。

成分比較

では、キャピキシルを配合した育毛剤でそれぞれを成分比較してみましょう。

  フィンジア ボストンスカルプエッセンス Deeper3D
成分一覧 ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)、アセチルテトラペプチド3(キャピキシル)、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2k、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG40-水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール、エタノール、水、BG 水、エタノール、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、モウソウチクたけのこ皮エキス、アマモエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、グリチルリチン酸2K、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ビオチノイルトリペプチド-1、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PPG-26ブテス-26、メントール、フラーレン、アピゲニオン、オレアノール酸、カンフル、PVP、グリセリン、レシチン、ダイズ油、ラベンダー油、クエン酸、クエン酸Na、リン酸Na 水、エタノール、BG、エトキシジグリコール、ペンチレングリコール、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、プラセンタエキス、ヒトオリゴペプチド-5、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31、トリペプチド-1銅、オクタペプチド-2、アセチルデカペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-13、加水分解アナツバメ巣エキス、アボカド油脂肪酸ブチル、リンゴ果実培養細胞エキス、グルコン酸亜鉛、水溶性プロテオグリカン、ビオチン、ヒアルロン酸名取初、シアノコバラミン、グリチルリチン酸2k、グリチルレチン酸、ニコチン酸トコフェロール、ナイアシンアミド、パンテニルエチル、グルコシルヘスペリジン、イラクサ根エキス、イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油、グアバ葉エキス、ソウハクヒエキス、ゲンチアナ根茎、根エキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、ビワ葉エキス、トウガラシエキス、グルタミン酸、グリセリン、キサンタンガム、ソルビトール、デキストラン、レシチン、柚子果皮油、スペアミント油、メントール、PEG-40水添ヒマシ油、クエン酸ナトリウム、コハク酸2ナトリウム、没食子酸プロピル、フェノキシエタノール、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸ナトリウム、塩化亜鉛

フィンジアの注目成分

・キャピキシル

・ピディオキシジル

・カプサイシン

フィンジアの注目成分はアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスの2つで構成されているキャピキシル。

高い細胞修復能力による毛母細胞の活性化とDHTを作り出す5αリダクターゼを抑制する効果があります。

ピディオキシジルはピロリジニルジアミノピリミジンオキシドといい、ミノキシジルと分子構造がよく似ている成分ですが、副作用などが無いことが特徴的。

カプサイシンは毛穴を広げ、上記の育毛成分を頭皮に浸透しやすくしてくれますし他にも抗炎症・殺菌・保湿効果なども期待できます。

ボストンスカルプエッセンスの注目成分

・キャピキシル

・ピディオキシジル

・フラーレン

ボストンスカルプエッセンスはフィンジアと同様のキャピキシルにピディオキシジルが含まれており、ボストンスカルプエッセンスで注目しておきたい成分はフラーレンです。

ノーベル賞受賞という実績もあり、高い抗酸化作用と保湿効果が期待できるわけです。

人体にとって活性酸素はまさに老化の原因とも言えるもので、その活性酸素を無害化してくれるフラーレンのアンチエイジング効果は非常に優秀といえるのではないでしょうか

ビタミンCも抗酸化作用があるのですが、このフラーレンはビタミンCの172倍もの抗酸化作用があるというから驚きですよね。

しかもビタミンCは紫外線に弱く、長時間定着しないために効果が持続しませんが、フラーレンは8時間以上も効果が持続します。

これだけでもフラーレンがいかに優秀な成分なのかよくわかります。

Deeper3Dの注目成分

・キャピキシル

・リデンシル

・モンゴロイド三大伝承成分

・8種の成長因子

Deeper3Dはキャピキシル配合はもちろんですが、それ以外にもリデンシルという成分を含んでいます。

このリデンシルはセイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸ナトリウム・塩化亜鉛で構成されており、頭皮から浸透してバルジ領域というところにある幹細胞に作用してくれる成分です。

毛乳頭にも働きかけてくれるので、毛母細胞の増殖に加えて髪の毛の成長促進効果もあります。

さらにモンゴロイド三大伝承成分のイラクサエキス・ユッカ根エキス・ウミクロウメモドキ油。

これらはモンゴル人やインディアンが太くて黒い髪の毛の持ち主が多いことからわかった有効成分で、実際に彼らが髪の毛を洗うときに使っていた成分なんだそうです。

いずれも髪の毛や頭皮の環境を改善するには充分過ぎるほどの効能があるといえるのではないでしょうか。

そして忘れてはならないのが8種の成長因子。

・合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31

・プラセンタエキス

・ヒトオリゴペプチド-5

・オクタペプチド-2

・アセチルデカペプチド-3

・ヒトオリゴペプチド-13

・加水分解アナツバメ巣エキス

・水溶性プロテオグリカン

成長因子とは生物に必要な細胞の分裂や生成に欠かせない因子で、これらは再生治療やAGAの治療でも使われることがあります。

しかし成長因子を使った治療は非常に高額です。

そんな効果な成長因子を8種も含んでいる点は、Deeper3D最大の特徴でしょうね。

価格比較

では次にキャピキシル配合の育毛剤についてそれぞれ価格面でも比較しみたいと思います。

  通常価格 定期便価格
フィンジア 12,800円(税込) 9,980円(税込)
ボストンスカルプエッセンス 10,584円(税込) 9,504円(税込)
Deeper3D 14,100円(税込) 13,360円(税込)

こうして比較をしてみると価格に関してはやはりDeeper3Dが頭一つ抜けて高額ですね。

ただし、定期便で購入し続けた場合にDeeper3Dは本数により割引が受けられるシステムとなっており、最終的に9本目から30%(4,460円)割引で10,390円での購入が以降可能になっていきます。

1年以上使う前提で購入するのであれば、含まれている成分から見てもDeeper3Dが個人的にはかなりお得だと感じました。

もともと含まれている成分を考えてもDeeper3Dはキャピキシルに加えてリデンシルや8種類の成長因子、モンゴロイド三大伝承成分など非常に豪華。

特に成長因子を用いた再生治療に関しては半年で120万円の費用がかかるものも存在します。

そういった普通では育毛剤に入っていないような貴重な成分をたっぷり使うことのできるのはDeeper3Dの大きな魅力でしょうね。

貴重な成分といえばボストンスカルプエッセンスに配合されているフラーレン。

ノーベル賞受賞成分でもあるフラーレンは高級な原料の為に配合しにくい成分ですが、そのフラーレンがしっかり配合されているボストンスカルプエッセンスが定期便で10,000円以下というのも注目しておきたいところ。

フラーレンの持つ抗酸化力の高さにより、薄毛・抜け毛に大きな影響を与える活性酸素を除去する効果も期待できます。

また、フラーレンは安定した分子構造なのでその効果が長期間持続されるのもさすがノーベル賞受賞成分といったところでしょうか。

フィンジアは上記のような特別に高価な成分が入っているわけではありませんが、カプサイシンを配合することにより毛穴を開かせてそこに成分を浸透させる「ゲートアクセス理論」はかなり大発明だと思います。

育毛男子の比較

キャピキシルが配合された育毛剤について、実際に使ってみた僕が比較してみました。

正直、配合されている成分だけで見るならば間違いなくDeeper3Dに軍配が上がると思います。

治療で使えばかなり高価な値段になっているこれらの成長因子を、自宅で使えるということはなかなか無いですよね。

また、ボストンスカルプエッセンスにもノーベル賞受賞の非常に優秀な抗酸化作用を持っているフラーレンが含まれていたりしています。

家庭用育毛剤メーカーは日々新しい成分の配合を研究しているのだとは思いますが、こうして普段聞き慣れない成分や新しい成分が出て来るとどうしても使ってみたくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

個人的にはやはりキャピキシルに加えてリデンシルや成長因子が含まれているということも考慮すると、Deeper3Dを非常にオススメしたいです。

>>キャピキシルとリデンシルが配合のDeeper3D<<

ただしやはり効果にはそれぞれ個人差というものもありますし、人によってはボストンスカルプエッセンスが肌に合っている、もしくはフィンジアのカプサイシンが頭皮に良く作用するということも充分に考えられます。

この3つの育毛剤は同じキャピキシルを配合していてそれ以外の成分は様々な効能を考えられて特徴あるものとなっているので、どれが一番と決めるのは難しいです。

あえていうのであれば、最初に使う育毛剤というよりも最初に買った育毛剤がいまいち効果が感じられない場合、次に選ぶ育毛剤はこの中から選ぶと良いのではないでしょうか。

Deeper3D

>>値段は気にしない!最高の配合成分を試したいならDeeper3D


>>高い浸透力を期待するならフィンジア!


>>ノーベル賞受賞成分が優秀!ボストンスカルプエッセンス

まとめ

ということでキャピキシル配合の育毛剤比較ランキングとして自腹購入して効果を検証し、まとめました。

配合されている成分だけでいうとDeeper3Dのキャピキシル5%+リデンシル5%+8つの成長因子はとんでもない配合量です。

キャピキシルだけでも育毛の有効成分として素晴らしいですが、これだけの成分を含んでいる育毛剤は他には無いといえるでしょう。

もちろん、ボストンスカルプエッセンスのフラーレンの高い抗酸化作用、フィンジアのカプサイシンによる高い頭皮への浸透力も育毛に関してしっかりと研究している方ならば「一度は試してみたい!」と思うような製品であることは間違いありません。

スプレータイプとスポイトタイプで使い方に差もありますし、そういった部分でも好みがあると思いますので、じっくりとレビューなどを参考にしながら考えてみるのが良いでしょうね。

育毛剤ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA