キャピキシル配合の育毛剤・スカルプエッセンス比較ランキング

キャピキシル配合の育毛剤・スカルプエッセンス

今回はキャピキシル配合の育毛剤・スカルプエッセンスをピックアップ!

話題の成分であるキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるとも言われており、さらに成分は天然由来のものなので副作用の心配もほとんどないという大変優秀な育毛成分。

今回紹介するは育毛剤というよりもスカルプエッセンスとして属されるもの。

そんなわけで、キャピキシル配合のスカルプエッセンスを比較ランキングにしてみました!

キャピキシル配合の育毛剤・スカルプエッセンスを探してる方にとって参考になればと思います。

まずはキャピキシルの成分から見ていきましょう!

>>キャピキシルの配合スカルプエッセンスにGO<<

キャピキシルの成分とは?

まず、そもそもキャピキシルとは何なのか?その成分について見ていきましょう

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社が開発した育毛成分です。

AGA治療薬とは異なり、天然由来の成分で合成されたもので、育毛成分としてはかなり画期的な存在として注目されていますね。

キャピキシルを構成している主な成分は2つ。

それがアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスです。

アセチルテトラペプチド-3は非常に強い細胞修復機能を持っているアミノ酸4つで構成されている物質で主に活動が衰えてしまった毛母細胞の復元効果が期待できるわけですね。

育毛男子
育毛成分は日々研究されて
新しい成分が開発されている!

アカツメクサ花エキスは、その名の通りアカツメクサから取れたエキス。

もともと薬用ハーブとしてアカツメクサは使われており、薄毛・抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出してしまう酵素・5αリダクターゼの抑制してくれます。

これらの2つが組み合わされて、育毛成分として非常に高い効果のあるキャピキシルとなったわけですね。

キャピキシルの発毛効果と副作用を検証

ではそのキャピキシルは発毛効果や副作用はどうなのか?検証してみました。

まずはその発毛効果。

カナダの「LUCAS MEYER COSMETICS社」で臨床試験で行われており、30人の被験者からキャピキシルを塗布した15人、偽薬のプラセボを塗布した15人に分けて4ヶ月間実験されてます。

その結果、キャピキシルを塗布した方が明らかに髪が生えていることが立証されています。

キャピキシル06

くわしくはこちらの記事からどうぞ

リデンシルとキャピキシルの成分を比較!

キャピキシルを構成している成分の一つ、「アセチルテトラペプチド-3」は前述したように細胞を修復する働きがあります。

この細胞修復効果により、毛母細胞の発毛を促してくれるというわけです。

また、毛乳頭を強くしてくれる効果や炎症による損傷も修復。

髪の毛の成長の助けとなり、毛髪環境の改善が期待でき、さらにはアカツメクサ花エキスに含まれているビオカニンA

これはいわゆるイソフラボンと呼ばれるもので、5αリダクターゼを抑制してくれる効果があって5αリダクターゼが抑制されると結果的に薄毛・抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が減少しますので脱毛をしっかり防いでくれるのです。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)が発生して髪の成長期を妨げ薄毛の原因を作り出してしまうわけですから、この5αリダクターゼを抑制することがAGA予防に繋がるということです。

DHT-01 5αリダクターゼ抑制05

そんなビオカニンAの5αリダクターゼ抑制効果の臨床データも発表されています。

EGCG(カテキンの一種)とビオカニンAの比較実験

ビオカニンA
  • 1型5αリダクターゼ:-64%低下
  • 2型5αリダクターゼ:-93%低下

つまり、マイナス数値が大きいほど、5αリダクターゼを抑制したことになります。

この臨床結果からビオカニンAが5αリダクターゼ抑制に効果的だということがわかります。

アセチルテトラペプチド-3が髪の毛の成長を促し、アカツメクサ花エキスが抜け毛を防ぐ、この2つの相乗効果により高い発毛効果が得られるのが魅力的といえるでしょう。

そして副作用について。

このキャピキシルを構成している「アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキス」はどちらも天然由来の成分です。

言い換えればアミノ酸と植物由来の成分なので人体に刺激のあるような物質では無いということ。

ミノキシジルの場合は発疹・かぶれ・動悸など不安な副作用がいくつか報告されていることでも知られていますが、キャピキシルに至っては現在までそういう副作用の報告は全くありません。

ただ、肌が極端に弱かったり、アルコール成分にアレルギーなどがある場合は多少のかゆみなどが出るという可能性は気にしておいたほうが良いでしょうね。

キャピキシルの配合スカルプエッセンスランキング

では、キャピキシルが配合されたスカルプエッセンスをランキングにしてそれぞれの特徴をまとめてみました。

いずれもキャピキシル配合という点は代わりませんが、それ以外に「どのような有効成分を含んでいるのか?」それぞれ特徴が異なりますの参考にしてみてください

1位:フィンジア

フィンジア13
内容量 50ml
有効成分 キャピキシル・ピディオキシジル・センブリエキス・グリチルリチン酸・10種の毛髪成分
定価 12,800円(税込)
定期便価格 9,980円(税込)
返金保証期間 30日間

フィンジアの公式サイトはこちら

フィンジアがM字ハゲ・頭頂部に効果的な理由!実際に使ってレビュー

2017.11.20

フィンジアの有効成分

・キャピキシル
・ピディオキシジル
・カプサイシン

フィンジアの注目成分はアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスの2つで構成されているキャピキシル。

M-034エキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキスなど効果の高い育毛成分もしっかりと含んでいます。

高い細胞修復能力による毛母細胞の活性化とDHTを作り出す5αリダクターゼを抑制する効果があります。

さらにトウガラシ果実エキス(カプサイシン)の効果により頭皮の毛根が開き、成分が頭皮により浸透するよう働きかけてくれるわけです。

様々な成分を含んでいても、結局頭皮に浸透しなければ全く意味をなさないので、実はこの浸透力の高さはフィンジアの大きな強み・メリットと言えるでしょう。

育毛男子
カプサイシンによる成分浸透率の高さはフィンジアの大きなメリット!

2位:ボストンスカルプエッセンス

ボストンスカルプエッセンス05

内容量 60ml
有効成分 キャピキシル・ピディオキシジル・ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1・ビオチノイルトリペプチド-1・フラーレン・オレアノール酸
定価 10,584円(税込)
定期便価格 初回980円※期間限定※
返金保証期間 180日間

ボストンスカルプエッセンスは初回980円

ボストンスカルプエッセンスは生え際に効果的?体験談と一緒に解説

2017.12.16

ボストンスカルプエッセンスの有効成分

・キャピキシル
・ピディオキシジル
・フラーレン

ボストンスカルプエッセンスはフィンジアと同様のキャピキシルにピディオキシジルが含まれており、ボストンスカルプエッセンスで注目しておきたい成分はフラーレンです。

ノーベル賞受賞という実績もあり、高い抗酸化作用と保湿効果が期待できるわけです。

人体にとって活性酸素はまさに老化の原因とも言えるもので、その活性酸素を無害化してくれるフラーレンのアンチエイジング効果は非常に優秀といえるのではないでしょうか

ビタミンCも抗酸化作用があるのですが、このフラーレンはビタミンCの172倍もの抗酸化作用があるというから驚きですよね。

しかもビタミンCは紫外線に弱く、長時間定着しないために効果が持続しませんが、フラーレンは8時間以上も効果が持続します。

これだけでもフラーレンがいかに優秀な成分なのかよくわかります。

返金保証に関しても180日と他と比べて期間が眺めなのもありがたいですね。

今までの育毛剤やスカルプエッセンスで効果が無かった方もぜひ試してみる価値のある製品なんじゃないでしょうか。

育毛男子
ドロっとした液体で垂れてこないし浸透感が伝わってくる!

3位:Deeper3D

Deeper3D・口コミ
内容量 60ml
有効成分 キャピキシル・リデンシル・モンゴロイド三大伝承成分・8種の成長因子
定価 14,850円(税込)
定期便価格 14,100円(税込)
返金保証期間 10日間

Deeper3Dの公式サイトはこちら

Deeper3Dの発毛効果は嘘?一年使った感想をレビュー!

2017.12.07

Deeper3Dのメリットは何といっても普通では使えないような成分が多数含まれている点。

Deeper3Dの有効成分である

・キャピキシル
・リデンシル
・モンゴロイド三大伝承成分
・8種の成長因子

Deeper3Dはキャピキシル配合はもちろんですが、それ以外にもリデンシルという成分を含んでいます。

このリデンシルはセイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸ナトリウム・塩化亜鉛で構成されており、頭皮から浸透してバルジ領域というところにある幹細胞に作用してくれる成分です。

毛乳頭にも働きかけてくれるので、毛母細胞の増殖に加えて髪の毛の成長促進効果もあります。

さらにモンゴロイド三大伝承成分のイラクサエキス・ユッカ根エキス・ウミクロウメモドキ油。

これらはモンゴル人やインディアンが太くて黒い髪の毛の持ち主が多いことからわかった有効成分で、実際に彼らが髪の毛を洗うときに使っていた成分なんだそうです。

いずれも髪の毛や頭皮の環境を改善するには充分過ぎるほどの効能があるといえるのではないでしょうか。

そして忘れてはならないのが8種の成長因子。

成長因子

・合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31
・プラセンタエキス
・ヒトオリゴペプチド-5
・オクタペプチド-2
・アセチルデカペプチド-3
・ヒトオリゴペプチド-13
・加水分解アナツバメ巣エキス
・水溶性プロテオグリカン

成長因子とは生物に必要な細胞の分裂や生成に欠かせない因子で、これらは再生治療やAGAの治療でも使われることがあります。

しかし成長因子を使った治療は非常に高額です。

そんな効果な成長因子を8種も含んでいる点は、Deeper3D最大の特徴でしょうね。

育毛男子
貴重な成分を多数配合しているのが大きなメリット!

Deeper3D

ミノキシジルとキャピキシルを比較

発毛成分のミノキシジルはいわゆる発毛剤です。

その高い効果の反面、かゆみや発疹・動悸などの副作用などが起きることでも知られています。

育毛剤は短い期間では効果が実感できませんし、長期間使うとなるとこういった副作用が含まれているとやっぱり使う方も心配になるのはしょうがないですね。

しかしキャピキシルに至ってはミノキシジルと違い、副作用の心配は全くありません。

そしてキャピキシルの発毛効果はミノキシジルの3倍という実験結果が出ているということもキャピキシルが注目されている原因です。

ただ、3倍といっても単純に3倍の効果があるというわけではなく、あくまでも

「ミノキシジルとキャピキシルを同じ条件で培養された細胞組織の発毛反応が3倍得られた」

という開発会社の結果のみで、他の育毛成分にあるような医学的な論文などは発表されたりしていません。

また、ミノキシジルとキャピキシルでは厳密には頭皮への作用する点が違うので単純に比較はできないものです。

◆ミノキシジル

毛細血管を拡張して血液の循環を改善し、毛母細胞を活性化させる

◆キャピキシル
薄毛・抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を現象させ、弱った毛母細胞を復元して発毛を促す

このように、キャピキシルにはミノキシジルと違い脱毛を防ぐ効果と毛母細胞を復元する効果の両方が期待できる為、ミノキシジルよりも高い効果が期待できると言われるのも納得がいきますね。

しかしどんな育毛成分も人によって効果には個人差があります。

ミノキシジルの発毛効果も非常に強いものがありますので、一概にキャピキシルのほうが全て勝っているとは言えません。

確かに副作用の心配がほとんどないキャピキシルは魅力的ですが、ミノキシジルの高い発毛効果も副作用が懸念されるとは言え、試してみたい方もいるでしょうね。

価格比較

では次にキャピキシル配合スカルプエッセンスについてそれぞれ価格面でも比較しみたいと思います。

  通常価格 定期便価格 最安値
フィンジア 12,800円(税込) 9,980円(税込) 公式サイト
ボストンスカルプエッセンス 10,584円(税込) 初回980円※期間限定※ 公式サイト
Deeper3D 14,100円(税込) 13,360円(税込) 公式サイト

こうして比較をしてみると価格に関してはやはりDeeper3Dが頭一つ抜けて高額ですね。

ただし、定期便で購入し続けた場合にDeeper3Dは本数により割引が受けられるシステムとなっており、最終的に9本目から30%(4,460円)割引で10,390円での購入が以降可能になっていきます。

1年以上使う前提で購入するのであれば、含まれている成分から見てもDeeper3Dが個人的にはかなりお得だと感じました。

もともと含まれている成分を考えてもDeeper3Dはキャピキシルに加えてリデンシルや8種類の成長因子、モンゴロイド三大伝承成分など非常に豪華。

特に成長因子を用いた再生治療に関しては半年で120万円の費用がかかるものも存在します。

そういった普通では育毛剤やスカルプエッセンスに入っていないような貴重な成分をたっぷり使うことのできるのはDeeper3Dの大きな魅力でしょうね。

貴重な成分といえばボストンスカルプエッセンスに配合されているフラーレン。

ノーベル賞受賞成分でもあるフラーレンは高級な原料の為に配合しにくい成分ですが、そのフラーレンがしっかり配合されているボストンスカルプエッセンスが期間限定で初回定期コース980円というのも注目しておきたいところ。

フラーレンの持つ抗酸化力の高さにより、薄毛・抜け毛に大きな影響を与える活性酸素を除去する効果も期待できます。

また、フラーレンは安定した分子構造なのでその効果が長期間持続されるのもさすがノーベル賞受賞成分といったところでしょうか。

フィンジアも濃厚な成分に加えてカプサイシンを配合することにより毛穴を開かせてそこに成分を浸透させる「ゲートアクセス理論」はかなり大発明だと思います。

フィンジア・ボストンスカルプエッセンがおすすめの理由

キャピキシルが配合スカルプエッセンスについて、実際に使ってみた僕が比較してみました。

配合されている成分だけで見るならばフィンジアかボストンスカルプエッセンスは間違いないと思います。

どちらもキャピキシルとピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)といった成分が発毛促進からAGAの原因を抑制してくれるのは魅力的です。

「アセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキス」がキャピキシル
「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」がピディオキシジル

キャピキシルとピディオキシジルには臨床データから薄毛改善に繋がる根拠が発表されていますが、よくあるパターンですとその成分の臨床データはあるけど、その育毛剤に対しての臨床データがないものが多いです。

でも、フィンジア自体の臨床データとボストンスカルプエッセンス自体の臨床データがあるのは信憑性となるのではないでしょうか。

実際にフィンジアのみ使用したAGA男性の薄毛が改善されたデータがありますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

フィンジアの臨床試験結果のまとめ!薄毛改善はキャピキシルの効果?

2018.09.01

このようにフィンジアは育毛効果に特化しているわけじゃなく、AGAに対応できる成分にフォーカスしていることがわかりますのでキャピキシルが配合された育毛剤やスカルプエッセンス選びに迷った場合はフィンジアかボストンスカルプエッセンスで間違いないかなと思います。

値段的にも今回比較したスカルプエッセンスの中でも一番お得ですね。

フィンジアの最安値はこちら

ボストンスカルプエッセンスは初回980円

まとめ

ということでキャピキシル配合の各スカルプエッセンスを比較してみました。

キャピキシルは発毛成分で有名なミノキシジルよりも副作用がなくて効果的と言われていますが、日本での臨床データがあにのがまだまだ不透明でもあります。

けれどもフィンジア自体に臨床データが実施されて、実際にAGAが改善されているのがであれば「一度は試してみたい!」と思うような製品であることは間違いないのかなと思います。

副作用なしで大きな育毛効果を実感したい人にはピッタリな成分ですね!

キャピキシル配合の育毛剤やスカルプエッセンスの中では今回紹介したものがトップクラスになるのかなという印象。

その中でも確実な浸透力があるフィンジアを推薦します!

>>キャピキシルの配合スカルプエッセンスにGO<<

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA