プランテルEXはチャップアップより効果的?成分の観点から徹底比較

プランテルEX・チャップアップ・徹底比較

今回はプランテルEXチャップアップを比較!

M字ハゲに強いとされるプランテルEX。

実はM字だけではなく全体的な育毛効果もかなり高いとされているので、汎用性は良いようです。

対して育毛剤ならこれをまず買っておけば間違いないと言われてているのがチャップアップ。

豊富な成分量は他の育毛剤の追随を許しません。

「でも、どちらも育毛剤凄いのはなんとなくわかるけど、一体どっちがいいの?」

育毛剤としてはどちらも非常に有名どころなのでどちらを使えばいいのか迷ってしまうこともありますよね。

果たしてプランテルEXはチャップアップよりも効果的な根拠は整っているんでしょうか?

両者の成分の簡単から徹底比較してみました。

プランテルEXの育毛効果【成分の観点】

プランテルEX

まずはプランテルEXの育毛効果について。

プランテルEXに含まれている成分で特に注目されているものを見ていきましょう。

リデンシル

リデンシル

リデンシルはスイスの会社が開発した成分です。

主な効果は

頭皮のバルジ領域を活性化させ毛母細胞を増殖させる

線維芽細胞の活性化

頭皮の炎症を抑える

頭皮に存在するバルジ領域は髪の毛のもとになる毛母細胞を作り出してくれます。

DHQG・EGCG2-01

つまりバルジ領域が活性化する=髪の毛を作るための細胞がどんどん作られていくということ。

従来の育毛剤は男性ホルモンに作用して抜け毛を防ぐという「守り」の姿勢ですが、このリデンシルに至ってはどんどん髪の毛を作り出すようにするという「攻め」の育毛剤となっているわけですね。

また、線維芽細胞が活性化するとコラーゲンやヒアルロン酸が生成されるため、髪の毛の成長に大きな影響を及ぼします。

加えて栄養の吸収に関しても効率を上げてくれるので、頭皮の健康には線維芽細胞の活性化が非常に有効なのです。

そして育毛に関して一番大事なのが頭皮環境。

リデンシルに含まれている「EGCG2」という成分は炎症を抑える効果があり、頭皮をしっかりと健康に導いてくれます。

ペブプロミンα

ペブプロミンα05

ペブプロミンαとはプランテルEXに配合されている独自成分。

ヒオウギエキス+ボタンエキス+ビワ葉エキス=ペブプロミンαとなっており、AGAの原因となる5αリダクターゼの協力な抑制効果があります。

そもそもAGAの原因として知られているのが脱毛ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)です。

DHT-02

このDHTは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びついて生み出されます。

すなわち5αリダクターゼ=薄毛の原因!

つまりこの5αリダクターゼを抑制するということは薄毛の原因を根絶するということにも繋がるのです。

5αリダクターゼ抑制06

なお発毛成分として有名なミノキシジルにもこの5αリダクターゼを抑制する効果はあります。

しかしペブプロミンαの5αリダクターゼ抑制効果はミノキシジルの3倍もの効果が日本食品機能分析研究所のデータでわかっています。

さすがに独自成分として配合をしているだけのことはありますね。

3種の有効成分

3種の有効成分<

プランテルEXには育毛に必要な有効成分がしっかりと含まれています。

それが

センブリエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

ジフェンヒドラミン塩酸塩

の3種類。

ちょっと育毛剤のことを調べている方ならいずれも名前を聞いたことがある有名な成分ばかりですね。

センブリエキスは血行促進作用や髪の毛の成長促進、グリチルリチン酸ジカリウムは高い抗炎症作用、そしてジフェンヒドラミン塩酸塩はフケやかゆみの発生を抑制してくれます。

いずれもプランテルEXの高い育毛効果を支えてくれている大事な成分です。

23種類の天然成分

プランテルEXには頭皮の環境を整えるために必要な天然成分がずらりと配合。

プランテルEXにリニューアルする前(プランテル時代)は6種類だったことを考えると、飛躍的に成分が充実していますね。

16種類のアミノ酸

髪の毛のもととなるケラチンを作り出すのがタンパク質。

そのタンパク質の原料となるのがアミノ酸はプランテルEXに16種類も配合されています。

アミノ酸は髪の毛だけでなく、人間の身体にとってなくてはならないもの。

以前のプランテル時代には足りなかったアミノ酸が加わることで、育毛効果は飛躍的に上昇しているということですね。

育毛男子
旧プランテル時代と比べるのは失礼になるほどプランテルEXはパワーアップ!
物足りなかった成分も入っているのでもはやM字専用どころか育毛剤の中でもトップクラスにおすすめ!

プランテルEXの成分はミノキシジル以上?副作用は?真実を暴露!

2018.07.24

プランテルEXを愛用中のM字ハゲ男性の体験談を画像付きで公開

2018.09.25

プランテルEXの成分を公式サイトで見る

チャップアップの育毛効果【成分の観点】

チャップアップ・育毛効果

では次にチャップアップの育毛効果についても触れていきましょう。

実はチャップアップは定期的にリニューアルを繰り返しており、現在ではその配合成分は実に80種類以上!

中でも特に有効成分として代表的なものがこちら。

M-034

M-034は北海道ミツイシコンブから抽出したエキスです。

このM-034は高い育毛効果のある成分として非常に評価されており、天然由来成分なのでもちろん副作用などの心配もほとんどありません。

M-034の主な効果は次の4つ。

・外毛根鞘細胞の増殖を促進により強い髪の毛が作られる

・高い血行促進作用

・ヘアサイクルの退行期を遅らせ、正常化が見込める

・高い保湿効果により頭皮環境が整えられる

発毛効果が高い成分としてミノキシジルが世間では知られていますが、副作用が懸念されることもやはり多いです。

対してM-034はミノキシジルと同等の育毛パワーを持ちながら副作用の心配はほとんどありません。

同等の効果があるならば、やはり安全な成分のほうを使いたいですよね。

3種の有効成分

チャップアップには3種類の育毛有効成分が含まれています。

センブリエキス

グリチルリチン酸ジカリウム

ジフェンヒドラミン塩酸塩

これらはプランテルEXの項目でも説明済みですが、これらは育毛の有効成分としてなくてはならない存在。

むしろこれらの成分が入っているのは最近の育毛剤にとって常識といえるでしょうね。

55種類の天然成分

上記の成分に加えて、天然由来成分を中心とするチャップアップには55種類もの天然成分が配合されています。

代表的な効果は次の通り。

皮脂の過剰分泌を抑制する成分

※ダイズエキス・ドクダミエキス・オドリコソウエキス

頭皮が硬くなるのを防ぐ成分

※マロニエエキス・チンピエキス・ウメ果実エキス

頭皮の血行促進成分

※ニンニクエキス・センブリエキス・チョウジエキス

5αリダクターゼ抑制成分が8種⇒AGA対策
※「オウゴンエキス」「チョウジエキス」「ヒオウギ抽出液」「ビワ葉エキス」「ボタンエキス」「シナノキエキス」「ヒキオコシエキス」「ジオウエキス」

チャップアップ・5αリダクターゼ抑制成分

などなど、このように様々な観点から頭皮環境を整えてくれる天然由来成分がチャップアップにはたっぷりと配合。

現状、天然由来成分の配合数では間違いなくトップクラスなので、総合的に見てもかなり頭皮環境を整えるのに適した育毛剤といえるでしょうね。

15種類のアミノ酸

天然成分が頭皮環境を整えるのならばアミノ酸は髪の毛を作り出すために必要な成分です。

現在ではコンビニやファーストフード等手軽に食事を摂取できるのでついつい食べてしまいがち。

しかしそういった食生活が中心となってくると、髪の毛にはもちろんのこと身体にもよくありません。

食事が偏ると栄養が身体に行き渡らなくなりますが、そうなると人間の身体は「命にかかわる部分」を優先して栄養が送られるようになります。

実は頭皮という場所は栄養が送られる優先度は最も低い部分になるため、栄養不足=頭皮に栄養が行き渡らなくなるのです。

髪の毛は18種類ものアミノ酸が結合したケラチンというタンパク質によって形成されています。

アミノ酸はサプリメントや食事からももちろん吸収できますが、なかなかそれらを意識した食生活は難しいもの。

よって、育毛剤等で頭皮に直接浸透させてあげるわけですね。

育毛男子
配合されている成分数では間違いなく現状の育毛剤の中ではトップのチャップアップ!
豊富な天然由来成分とアミノ酸は頭皮環境改善と髪の毛作りに多いに役立つはず!

チャップアップの成分を公式サイトで見る

プランテルEXとチャップアップの臨床実験データ

信頼される育毛剤には信頼できる臨床実験データがあるものです。

プランテルEXとチャップアップの主成分についてそれぞれどのようなデータがあるのか確認してみましょう。

まずはプランテルEX。

プランテルEXに配合されているリデンシルはスイスのインデュケム社が開発した育毛成分。

リデンシルについては下記のような臨床実験データがあります。

リデンシル・臨床試験
この臨床実験で髪の毛の成長期が9%アップし、休止期が17%ダウンしていることからも確実に育毛効果が認められることがわかります。

また、ミノキシジルとの比較実験も行われており、下記のデータは脱毛症の男性の髪の毛を培養してそれぞれ塗布して比較したものです。

リデンシル・ミノキシジル・比較

Hair growth after=髪の毛の成長度がミノキシジルよりもかなり高いことがわかります。

なお、この比較に関してはあくまでも「培養した細胞の比較」であり、実際に頭皮に使用したものではありません。

ですがもちろん実際にリデンシルを頭皮に塗布して3ヶ月使用したデータもこのようにきちんとあります。

リデンシル・頭皮・データ

しっかりと実際の頭皮で実験をして結果がでているというのは効果があるという何よりの証拠になりますね。

次にチャップアップですが、成分の中でも多くの育毛剤に使われているのがM-034という成分。

M-034は海藻から取れたエキスで、ミノキシジルと同等のパワーがあるとされており、下記のような実験データが確認できました。

M-034・ミノキシジル・グラフ

これは旧ブブカのページに存在していたグラフです。

確かにミノキシジルとM-034、どちらもグラフは似たような曲線を描いています。

しかしこのデータは同一人物の頭頂部分を五厘刈りに剃り、生えてくるスピードを比較したもの。

普通なら薄毛になっている部分の毛根からどれくらい髪の毛が生えてきたか?というような結果のほうが育毛剤としての効果は上になると思いますし、伸びるスピード=薄毛改善とはなりませんよね。

また、M-034について扱っている育毛剤がよく使っているのが下記の画像。

M-034・培養・データ

M-034についての研究が記載されているサイトはほとんどがこの画像しか存在せず、しかも一体どこで研究されたものなのか一切不明です。

つまり・・・

  • M-034・・・臨床試験データは存在せず、データも出処が不明
  • リデンシル・・・臨床試験データが存在しており、データの出処はリデンシルの開発メーカーであるスイスのインデュケム社

となり、臨床試験データの信頼性という点においては全体的にリデンシルのほうが上となるわけです。

もちろんチャップアップに関してはやはり現在も売れ続けている商品ということもあり、その効果を実感した人の口コミやレビューも多数存在しています。

かくいう僕もチャップアップを実際に体験レビューして今まで気になっていた頭頂部のつむじが2つあるというコンプレックスはかなり解消されています。

育毛剤の効果自体が臨床実験データの信頼性のみで変わるわけではありませんが、信頼性のあるデータや口コミ・レビューなど様々な点を参考にして育毛剤選びをしたいものですね。

育毛男子
M-034とリデンシルは信頼のおけるデータの出処が存在しているか否かという点で大きな違いがあるというのが特徴。
もちろんM-034も育毛成分としては非常に優秀だけど、具体的な臨床試験データが無いというのはやっぱりちょっと信頼性に置いてはリデンシルよりも一歩及んでいない感じなのは否めないね。

育毛効果はプランテルEXが上!その理由は?

では実際の育毛効果に関してですが、比較するとプランテルEXのほうが間違いなく上です。

旧プランテル時代から言えば間違いなくチャップアップのほうが上でした。

しかしプランテルEXにリニューアル後はリデンシルを始めとする多くの成分が追加され、その育毛効果は大幅にアップしています。

双方の主成分を比較すると次の通り。

プランテルEX

リデンシル

ペブプロミンα

天然成分23種

アミノ酸16種

チャップアップ
M-034

天然成分55種類

アミノ酸15種

こうして主な成分を見てみるとたしかに成分の数だけで言えばチャップアップのほうが上となっています。

しかし成分数が多い=効果が高いというのはまた別のお話。

そもそもチャップアップは確かに育毛剤としては優秀ですが、最新・最先端の成分であるキャピキシルやリデンシルといった成分は一切含まれていません。

確かにチャップアップに含まれているM-034という海藻エキスも育毛成分としては非常に優秀です。

ではここで双方のスター成分であるM-034とリデンシルを比較してみましょう。

M-034の効果

・外毛根鞘の増殖

・血行促進

・高い保湿効果

・抜け毛予防

このように抜け毛を防ぎながらさらに血行促進+強い髪の毛を作る環境が整えられるのがM-034の特徴です。

リデンシルの効果

・頭皮の炎症を抑える

・バルジ領域の幹細胞を刺激し毛乳頭細胞を活性化

・ヘアサイクルの休止期・脱毛期の短縮

・線維芽細胞を活性化させ髪の毛が成長しやすい環境を作る

対してプランテルEXに含まれている主成分のリデンシルは頭皮のバルジ領域を刺激して髪の毛のもとになる幹細胞を活性化してくれます。

これはつまりどういうことかというと「髪の毛をどんどん作れ!」と細胞に命令しているのと同じことです。

M-034が配合されたチャップアップはどちらかというと「抜け毛を予防しながら育毛する」という姿勢ですが、プランテルEXは「髪の毛の根本に働きかけて、髪の毛を生やす命令を与える」とでもいうべき攻めの姿勢といえるでしょう。

また、前述したようにM-034は肝心な臨床実験データが曖昧で、根本から信頼できるものでは無いのも不安要素になります。

もちろんチャップアップも効果が無いというわけではありません。

実際に僕も使って大きな効果を上げています。

しかし現状リデンシルという新成分が開発され、しかもそれを5%の高濃度で配合しているプランテルEXのほうがやはり育毛剤としてかなり魅力的なことは間違いないでしょう。

独自配合のペブプロミンαの5αリダクターゼ抑制効果も合わせて考えると、

・チャップアップよりも高い5αリダクターゼ阻害効果

・新成分リデンシルを5%の高濃度配合

これらの点を考慮すると、まず間違いなくプランテルEXのほうが育毛効果は上と言えます。

育毛男子
チャップアップも確かに悪い製品では無いけれど、やはり中心となる成分の効果を見るとプランテルEXは育毛剤の中でも効果は上位に入るね。

プランテルEXの成分を公式サイトでみる

プランテルEXを選ぶべき人

ではプランテルEXを選ぶべき人はどういった人か、まとめてみました。

プランテルEXを選ぶべき人
・育毛剤選びで失敗してきた人

・最新成分を試したい人

・薄毛になりつつある人

プランテルEXは話題の新成分リデンシルを実に5%も配合しています。

リデンシルを配合した育毛剤はいくつかありますが、ここまでの最高濃度で配合されているのはなかなかありません。

また、今までの育毛剤選びで何度か失敗した方もぜひプランテルEXを試して見るべきです。

他の育毛剤がとにかく「抜け毛を防ぐ」ということがメインなのに対して、プランテルEXに配合されているリデンシルには「髪の毛を生やすように命令する」という攻めの姿勢となっています。

つまり、毛根に対しても他の育毛剤とはアプローチ方法が全く違うということ。

これならばもしかしたらいけるんじゃないか、という期待も持てますよね。

もちろん、万人に同じ効果があるわけではありませんが今まで育毛剤選びに失敗してきた方や薄毛になってきたからとにかく育毛効果の高いものがほしいという方にはプランテルEXはピッタリです。

プランテルEXの最安値はこちら

チャップアップを選ぶべき人

次にチャップアップを選ぶべき人はどういった人か、まとめてみました。

チャップアップを選ぶべき人

・育毛剤をはじめて使う人

・サプリやシャンプーなども合わせてお得に使いたい人

・薄毛対策として頭皮環境を整えたい人

チャップアップは実に育毛剤初心者向けとなっています。

特にチャップアップはコスト的にもプランテルEXよりよい部分があり、チャップアップ+シャンプーの価格が通常11,580円(税込)となるところを、定期コースで頼めば8,880円(税込)と実に2,700円も安く購入できます。

プランテルEX1本分とほぼ同じくらいの値段ですから、お得感はありますね。

また薄毛になっていない状態でも、将来のことを考えて頭皮環境を整えるにはチャップアップは最適。

天然由来成分が55種類も配合されているため、もちろん副作用の心配もまずありません。

日常のケア用品として、薄毛になっていない人にもおすすめできるのがチャップアップの最大の利点ですね。

チャップアップとポリピュアEXを7の視点から徹底比較!

2017.12.22

チャップアップの口コミ・評判!効果があった人・なかった人のまとめ

2017.11.13

チャップアップは副作用あるの?安全性は?有効成分を徹底解析!

2017.11.12

チャップアップの最安値はこちら

まとめ

ということでプランテルEXがいかにチャップアップよりもおすすめなのか、育毛効果を比較して懸賞してみました。

チャップアップにもプランテルEXにもそれぞれ良い点はあります。

しかしそれぞれに含まれている成分を見てみると髪の毛を生やしていくという命令を直接細胞にはたらきかけてくれるプランテルEXのほうに軍配が上がるのは間違いないでしょう。

旧プランテルはもともとM字ハゲに強い育毛剤でしたが、プランテルEXにリニューアルしてからはもはやM字ハゲどころか薄毛の強い味方となっています。

育毛剤の効果は商品の特性上人それぞれではありますが、今まで使ってきた育毛剤がいまいちだったという方にこそプランテルEXには触れてみてもらいたいですね。

育毛剤ランキング

育毛シャンプーランキング

育毛サプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA